北海道ツー 3日目 まいう~美深ラーメン&トロッコ王国で大はしゃぎ ^^!

Wednesday, August 19, 2015

北海道ツー 3日目 まいう~美深ラーメン&  トロッコ王国で大はしゃぎ ^^!

 

 
前回
 
 
   北海道の上川地方北部に位置する町。

 町名の由来はアイヌ語ピウカ」(石の多い場所)の意
 
町内を南北にかけて天塩川が流れ、国道40号

宗谷本線が走る 町面積のほとんどは森林。

西の天塩山地東の北見山地に囲まれた

特別豪雪地帯 なのだ 


 
12:35 美深駅に立ち寄る

所在地 北海道中川郡美深町字開運町
 
 

美深(びふかえき)は、北海道中川郡美深町字開運町
駅番号W54電報略号ヒカ



 
 
 

美深町の代表駅で、特急スーパー宗谷」・「サロベツ

停車する。 かつてはこの駅で美幸線と接続していた。

 

 
 
 
 

W53 南美深 (2.7km)       (3.6km) 初野 W55

 
 
 
内陸性の気候で寒暖の差が激しく


冬は日本屈指の酷寒地帯


 
1月の平均気温は-9.2℃である 


 
19311月27日には、当時の委託観測所において


 
国内の最低気温となる-41.5℃を記録している地だ 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さてさて・・昼も過ぎたので
 
恒例のご当地ラーメン 




 

むつみ食堂

 -Yahoo!ロコ




 
メチャクチャ凄い寒暖差 この差が、

美味しい小麦ハルユタカ」を育てるのだ 
 
 
 
 
 
 
 
 

ほっほぉ…これこれ 

 
 
 



明るく素敵なお嬢さんのお薦めは、

 
 
          「みそ仕立てのハルユタカラーメン



 
 
 
 
スープもやわらかくてまろやかな味わいで

 
Goodな逸品でした 

 
 
 
 
 

 
 
さて・・・
 
 
目指すは、トロッコ王国だ 


 
 
 
 
 
 
日本一の赤字路線として1985年(昭和60年)に

全線廃止された

 
日本国有鉄道国鉄美幸線廃線跡の一部、

約5kmおよび敷地104,700m²を利用し、観光の活性化を

目的としてエンジン付きトロッコを運行している。





 
 
 
アイヌの代表的な神様のシマフクロウのカムイです。
一般的に村の守り神とされています。
コタンコロカムイ(村を領有する神)の他に、

モシリコロカムイ(国を領有する神)とも呼ばれています。
道東方面はコタンコロカムイの信仰度が強く、

道南に向かうにつれてヌプリコロカムイ(熊のカムイ)に対する
信仰度が強くなるそうです。


 
 
 
中は乗車券の発売などを行う事務所兼










旧美幸線資料展示室

 
壁には「トロッコ王国憲章」なるものが掛かっている
 
 
 
 
 
 
国王は松山湿原の奥深くに棲む

フクロウであるという 
 
 
 

廃線を利用したこのユニークな試みは全国的に注目を

集め 各地から多くの視察が訪れている
 
 
 
 
 
 
駅舎内ではトロッコ乗車前に軍手防寒着

 
ひざ掛けなどを無償で貸し出してくれる 

 
 
 



1985年(昭和60年) - 国鉄美幸線

 
美深 - 仁宇布間21.2km)が廃止される

 
 


美深町の所有する旧美幸線の線路鉄橋を始めとする

付帯施設をNPO法人トロッコ王国美深」が無償で借り

車両や線路の製造メンテナンス全般を行い、

運営されている。
 
 
 
 
 
特別豪雪地帯であるため、冬季の運行は休止される

 
夏休みシーズンや大型連休には全国各地から

 
多くの人々が訪れ賑わいを見せているそうだ 

 
 
 
美幸線の廃線に伴い1985(昭和60年)9月17日

廃駅となった。





 
 
 

地名は、

  アイヌ語の「ニ・ウプ」(木があるもの)に由来する 


 
 
トロッコは、自動車運転免許証が必須となる 

 
(持っていなくても、スタッフが運転の上 乗車できる)
 
 
 
 
 
トロッコ王国のエンジン付きトロッコ

 
おっさん二人で、、ニンマリ 

 
 
 
 
駅舎前の起点でトロッコの操作方法と運転上の注意 

 
踏切は一時停止、自動車優先

充分な車間距離と安全走行な


 
 
 
 
 
いよいよ 往復10km小さな旅が始まる 


 
 
 勿論・・ 運転手は君だ” の ノンさん 

 
 
 
 
 
50ccエンジンが、

 
うなりを上げて力強くトロッコを引っ張る 
 
 
 
ノンさん…べた踏み状態だ
 
素晴らしい景観の中をひた走るトロッコ
 
 
 
 
 
5Kmを走ると折り返し地点だ 

 
急カーブなので、空転してなかなか進まない

 
自分で線路のポイントを切り替えることもできる 

 
 
 
 



いよいよ終点だ 




 
 
ガタゴトと揺られながら緑の中トロッコで走り抜けた10Km




 
終点に近づき急いで往復した線路が、後ろ髪を引く


 
 
何気に二人してニヤケテいるのが分かるね 

 
 
 
 
 
 
アッという間のトロッコ体験が、

 
新鮮で、きっと後にも、とてもいい思い出になる事だろう


 
 
あの振動とキツイ揺れ    
 
  エンジンの唸り         
     レールと車輪のゴツゴツ感    
       車輪のフランジがレールを擦る音 





 
 
 
遊んでいると時間が経つのはとても早い


 
既に 14:30を過ぎている 


 
 
 
 
今日は、稚内までの行程だ  



 
 
 
さぁ・・