読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北海道ツー 3日目 地平線と水平線が重なるサロベツ原生花園の広大さに感動 ^^! ブログ&動画

前回
 
オトンルイ発電所を過ぎると
   遥かなる景観は、未だに果てしも無く続く 
 
 其の趣は、度々、大きく変化を観せてくれる
 
日本海には、流麗な利尻富士が、次第に大きく見え続くが、
 
 右側は、広大な湿原にと変って行く  
 
パンケ沼ペンケ沼と続く上サロベツ原野
 
豊富町幌延町にあるサロベツ原野双子の沼
 
アイヌ語の「上にある沼」「下にある沼」という意味で
 
川上にあるとペンケ川下にあるとパンケと呼びます
 
 
 
イメージ 9
 
17:20 オロロンライン海岸砂丘林を右折
 
  緑の地平線サロベツ原生花園に向けて突っ走る
 
 
  タイトルをクリックすると拡大画面に出来ます 
              YouToubeをクリックすると拡大画面に出来ます
 
原生花園とは人為的な手を加えず、自然をそのままにした状態で
色鮮やかなが咲く湿地帯草原地帯のこと
 
イメージ 2
 
独特の植生が見られることで知られ、自然の花畑とも呼べる
 
イメージ 7
 
この木道では吉永小百合主演の映画「北のカナリアたち
ロケも行われるほどの絶好の景観だ 

           映画『北のカナリアたち』予告編

イメージ 3
 
北海道ではオホーツク海沿岸を始め、道東道北に多く分布する
 
イメージ 8
 
残念ながら利尻富士は、顔を隠してしまったけど、、
本来ならば、地平線水平線が、重なり合う湿原なのだが、、 
 
     遠く海側が、曇って見えないよぉ・・
イメージ 4
 
原生花園と名乗らないが、霧多布湿原も性質上は原生花園
 
   オロロンラインで北上すると右側に見える景観図 
イメージ 5
 
ワタスゲツルコケモモなどが見られ  
年に2日しか開花しないエゾカンゾウなどの珍しい花が咲く
 
イメージ 6
 
広大なこの施設は、
   三井東圧の泥炭採掘工場跡地を利用している
 
イメージ 1
 
サロベツジャガイモを塩ゆでしてから豊富産牛乳でといた
小麦粉のころもをつけて揚げたあげイモが名物だが・・
 
昔のお嬢さんたちに、、愛想よく
 
    「丁度、戸締り終わりました」と テイヨクお断り 
 
 
 
18:00 バイク仲間にチョイト挨拶をして
   夕焼けオロロンラインへ再びへ向かう 
 
 
さて・・続きは、
 
  稚内夕日と うに丼に酔いしれる・・の巻