初めての「遥かな尾瀬」⑧ 最上級の癒しの世界  尾瀬沼と燧ケ岳の夜明けにウットリ ^^! ブログ&動画

kzのブログ

 編集

気ままに・気の向くままに! 編集

書庫全体表示

 
  
 前回
 
2017.5.29
3:30頃、目が覚めて窓を見ると・何となく薄っすらと・
手早く身支度を済ませ 長蔵小屋を出た
昨日の尾瀬沼燧ケ岳沈む夕日に感動した高揚感が、
目を覚まさせたのかもしれないな
今朝は、沼側ではなくて大江湿原へ向かおう・
朝日に染まる燧ケ岳の峰々波一つない湖面に映り込む幻影 
 その姿はまさに尾瀬の自然美だ 
   最上級のプライムタイムに浸り溶けていったね 
 
 
動画編
 
 
 
タイムライン
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
この黄金郷が現出するのは7月の短い期間
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
残念ながら動画や写真では、表現できないね   
 
 
 
本当に・・何と美しい景観なんだろう 
 
7:40
尾瀬沼湖畔三平下から大清水へ抜けるコースは標高差570m
 三平下から三平峠まで は木道・階段の登り道
  峠~三平見晴~一ノ瀬休憩所は急坂の下りの山道 
上の方から変な歩き方をした中年の女性が、雪に足をとられたのか
100mほど先で、大きくコケタのが見えた。
近づくと「痛くて・寒くて歩けない!」と・
持っていた痛み止めと湿布薬で、応急手当てをして様子を見た 
 
その人のいで立ちは、スニーカー手さげの大きな紙袋を2つ 
 薄手のナイロンジャケット 女性仲間と4人で来たそうな 
  これじゃあ寒いわけだ・・
 
ノンさんは、
丁寧にこの先も雪深く旧坂なので、その装備では、危険 戻るように
 暫くすると 痛みも薄らぎ大したことにはならなかった 
遅れてきたご友人たちは、それなりの格好をしていたが、
更に ノンさんは、
多少、山を知っているなら何故にキチンと準備し 
  一人 離れて歩くなどせず グループでの歩き方を教えないのか」と
 レクチャーしてあげていたが、、

 
イメージ 37
 
気軽に行けるイメージの尾瀬だが、尾瀬は標高1,400m以上の
山の中」だということをしっかり心に刻んで行動しよう
 「東京に比べて15 寒く、10 涼しい」   
  自然の大きさ、さを十分意識して、
   あくまでも行動は慎重に・準備は万全に