2016 北海道ツー 13日目 ①  大間のマグロと下風呂温泉 カッパの湯から 「生と死の接点」恐山へ ブログ&動画

気ままに・気の向くままに! 編集

書庫全体表示

 
  
前回
 
 
2016.8.8~9
北海道に「また来るからね」と 別れを告げて
津軽海峡冬景色」なんぞを口ずさんで、
「昔~昔に1週間逗留をした懐かしい下北半島の大間港」
今回も黒マグロでなくて夏イカだね・・
井上靖水上勉が、なるほど執筆するのに最適だっんだと
今更になって若い頃の想いが蘇る 
 心温まる「夫婦カッパの湯」から一転 
    不気味な白い丘「恐山」に・・
 
動画編
 
 
 
 
タイムライン
 
 

大間港の画像

大間まぐろはグルメのブランドとして人気が高い
大間 の マグロの動画
  1. 大間原子力発電所 - Wikipedia

 
 
 
 
 
 
 
 
 
風間浦港

綺麗な夕日が、映し出す港町 

文豪に愛された下風呂 - 下風呂温泉郷
「ああ、湯が滲みて来る。本州の、北の果ての海っぱたで、雪降り積る
  温泉旅館の浴槽に沈んで、俺はいま硫黄の匂いを嗅いでいる。」
イメージ 40
 
こざっぱりした海の幸で、夕飯・
 
やぁ・・うまい朝飯で、ごはん3杯 
 
水上勉の代表作のひとつで、推理作家から社会派の作家へと移行する時期の作品。戦後の貧困の時期を生きることになった多くの日本人の悲哀が 主要な
登場人物に投影されている 推理小説
イメージ 39
 
             水上勉 飢餓海峡の画像
 


奥薬研温泉 夫婦かっぱの湯(奥薬研修景公園レストハウス)

薬研温泉 - Wikipedia
 
恐山を開山した慈覚大師円仁が道に迷って怪我をした際に、河童に温泉に
入れられて助けられたという伝説を元に名づけられたかっぱの湯 
 
 
 
 
 

 
 。。。