お台場ツー なぞの素粒子ニュートリノ、やっぱり物理は謎だ?  ^^! ブログ&動画

前回
 
2015.10.8
 
11:25
いよいよ・・・
 
小柴昌俊博士の名前が、貼ってある 光電子増倍管
 
直径50cm極薄ガラス製で、一個一個、職人の手で作る
 
スーパーカミオカンデには、11129個使われいる
 
イメージ 16
僅かな光をなんと1000万倍に増幅するそうな 
スーパーカミオカンデは、世界最大チェレンコフ宇宙
素粒子観測装置です。1991年に建設が始まり、5年間にわたる
建設期間を経たのち、1996年4月より観測を開始しました
スーパーカミオカンデ実験は、日本、アメリカ、韓国、中国、
ポーランド、スペインの約30の大学や研究機関との共同研究
行われています
 
イメージ 1
  (Super-Kamiokande、Super-K)は、
 
 
(旧吉城郡神岡鉱山内に建設されたニュートリノ検出装置
 
イメージ 11

 

スーパーカミオカンデ 紹介ビデオ これ面白いです!

 

スーパーカミオカンデ素粒子と宇宙の秘密を探る~
第48回科学技術映像祭 文部科学大臣賞を受賞しました
 
イメージ 12
 
検出器の上にかぶさっている山が、雨を避ける傘のような
 役割を果たし、ニュートリノ観測に邪魔な
   宇宙線ミューオンをさえぎっているのです。
地下1000メートル深く潜ることによって、
 宇宙線ミューオンは地表の約10万分の1にまで減少
 
イメージ 13
ごくまれにリング状チェレンコフ光が観測される。
 
イメージ 14
ミューオンニュートリノによるイベント。
チェレンコフリングがはっきりと見える。
ミューオンニュートリノ水中の陽子などと反応して
ミューオンに変化する。実際に検出するのは、その
ミューオン放出したチェレンコフ光である。
右上の外水槽の光電子増倍管はほとんど光を受けていない
 
イメージ 15
検出器写真集  驚きの装置だ 
 
イメージ 4
 
なんだか 全く持って
 
不可極まりないね 
 
イメージ 5

 

カミオカンデの開発者 検出器

イメージ 6
 
分かり易く基本的な理論説明をしてくれた外国人研究者
 
イメージ 7
 
こいつは、1000兆個/毎秒 人体を通り過ぎていくてかぁ
 
イメージ 8
イメージ 9
 
スーパーカミオカンデ検出器は、5万トン超純水を蓄えた
直径39.3m、高さ41.4mの円筒形水タンク
 
イメージ 10
 
素粒子のうちの中性レプトンの名称。中性微子とも書く。
 
 
3種類もしくはそれぞれの反粒子をあわせた6種類 
 
 
保存則角運動量保存則が成り立つように、
 
その存在仮説を提唱した 
 
イメージ 3
 
今後の計画としては、スーパーカミオカンデ20倍の規模
 
(タンク体積100万トン)になるハイパーカミオカンデの建設
 
計画(2025年の実現を目指す)が検討されているそうな・・
 
 
 
 
なんだかもう・・小生の脳みそが、沸騰寸前 
 
 やはり物理は、庶民感覚とは、別な世界だなぁ
 
  少しクールダウンして行こう 
 
 
  続きます・・・・