前回
 
2015.7.24
 
11:30
楽しい道の駅「知床・らうす」での時間を過ごしていると
 
どうやら天気も回復して青空が見えてきた 
 
さぁ、これから付半島最先端まで、行ってのラーツー
 
 
 
北海道この世の果てと呼ばれる場所とは
 
 
一体どのような所なのだろうか 
 
 
イメージ 1
 
 
R335 国後国道からR244を根室海峡沿いに
 
 
イメージ 2

標津町まで南下してR244から

 

   R950 野付半島フラワーロード

 
イメージ 3
半島付け根付近には民家が存在するものの、別海町に属する
 
先端部に民家はほとんどなく、野付半島ネイチャーセンター
 
漁業関連や土木・建設関連の資材置き場が存在するのみである
 
イメージ 4
 
野付半島は、海に突き出たかぎ針状をした砂の半島です
 
イメージ 5
野付」の名はアイヌ語の「ノッケウ」(下顎)に由来し、
 
砂州形状をクジラの下顎になぞらえて付けられたもの
 
イメージ 11
野付風蓮道立自然公園に属し、砂嘴によって囲まれた湾部は
 
野付湾とよばれ干潟アマモが分布している。
 
そこには多様な底生生物甲殻類貝類など)が生息しており
 
またそれらを餌とするキアシシギオオハクチョウコクガン
 
 
飛来しその数は毎年2万羽以上にもなる
 
イメージ 6
には知床半島同様、オオワシオジロワシが集結する
 
イメージ 7
 
エゾシカを含める哺乳類が棲息する。その他、数多くのチョウ
 
 
イメージ 23
 
ノサップマルハナバチは、南部千島列島根室半島
 
野付半島のみ生息する
 
イメージ 8
立ち枯れした木々に荒涼とした湿地
 
トドワラトドマツの立枯れ)やサンゴ草も分布し、
 
 独特の風景を保持する
 
イメージ 9
 
あたる半島先端部に位置し、野付半島周辺の動植物地理
 
歴史を解説展示(常設)している他、動植物観察会等の各種
 
イベントを実施している。食堂、売店も併設する。
 
またトドワラまでを往復する観光馬車が営業することもある
 
イメージ 12
ゴマフアザラシが湾内の砂州で休息し、観光船から観察できる
 
ミンククジラカマイルカネズミイルカなどの鯨類も半島周辺
 
に現れる。時にはシャチが現れ、シロイルカの確認例もある
 
イメージ 10
 
 
動画では、こんな感じ・・
 
 
 
 
7月上旬ですら日中の気温が11℃という時もあるほど
 
冷涼らしいが、、、今は、丁度、いい気候だ 
 
イメージ 13
全く人気の無い 最果ての駐車場 
 
イメージ 14
 
野付灯台までは、かなり歩くようだ 
 
イメージ 15
 
近年は、砂州からの砂の流出が激しく、また地球温暖化による
 
海面上昇の影響により砂州が年々狭まり、道路近辺まで
 
海面が押し寄せてきている 
 
イメージ 16
 
最近は低気圧地震高潮等気象条件により立ち入り禁止になる
 
ことも増えており、将来近いうちに砂州および道路が海水により
 
切断され半島ではなくとなり、野付半島自体が消失することが
 
危惧されている 
 
イメージ 17
昼も過ぎたので、青空天井の気持ちよい記念の場所で、
 
さて・・取り出したるコッヘルガスバーナー 
 
しかし、ノンさん こんな荷物・・一体どこに入れてあったのか
 
イメージ 18
 最高の贅沢だね・・・
 
   まさかの「この世の果て」でラーツー 
 
    ラーメンデザート煎れ立てのコーヒー 
 
イメージ 19
お腹も膨れ・・周りをノンビリト散策 
 
イメージ 20
 
 
 
アレッ・・・寄りによって 
 
 こんな「地の果て」まで来るなんて
 
   物好きだねぇ・・と 
 
 
 
前出のサロマ湖で、
 小生のミスコースに最後まで付き合ってくれた 
 
  大阪からのお二人さん 
 
イメージ 21
 
もう少し早く来れば 
  美味しいラーメン煎れ立てのコーヒーを 
    ご馳走できたのにね 
 
 
こんな「この世の果て」で再会したのだから記念に・
 
イメージ 22
 
13:40
 
  またどこかで、キット会うね・・・と 
 
    さぁ‥根室風連湖へ急ごう 
 
 
  続きます・・・