セローで半端な福島キャンツー ④  帰宅困難地域から二本松城へ 岳温泉で断念  ドでかいソースカツ丼で晩餐会 ^^! ブログ&動画 

気ままに・気の向くままに! 編集

書庫全体表示

 
  
前回
 
2017.7.29
常磐線 浪江駅から6号線を北上
  延々と除染土の野晒し地域が続く 
 
ノンさんと待ち合わせの智恵子の生家」
 ドシャ降り濃霧の中 辿り着いた岳温泉
 
  急遽>>此処でツーリング中止に 
 
   名物ソースかつ丼で、晩餐会 
 
動画編
 
 
 
タイムライン
 
 
智恵子抄」に詠われた安達太良山があり会津と並ぶ、
   古くからの日本酒酒造メーカーを多く抱えている地域 
 
の城下町と称され、
日本最大級の菊人形「二本松の菊人形」が行われている
二本松提灯祭り」は、福島県内で行われる神社例大祭
日本100名城にも選定されている
 
室町時代初期の興国2年/暦応4年(1341年)、室町幕府より奥州探題に任ぜられた畠山高国が塩沢・殿地が岡(「田地が岡」とも)に最初の居を構え、地名を二本松と改称し、畠山氏7代当主・二本松満泰応永21年(1414年)もしくは嘉吉年間(1441年 - 1443年)にこの地に二本松城を築いた
 
 
 
 
ノンさん 近くのコンビニに来ていると・・
明治の初期に建てられた生家には、造り酒屋として新酒の醸成を伝える杉玉が下がり屋号は「米屋」、酒銘「花霞」
 
 
 
 
 
イメージ 48
 
 
 
‥と云う訳ではなく 
ハザードを点灯しても観えない状態だ 
3日間・・ほとんど雨走行だ ☂
 
日本温泉協会のアンケートで、『自然環境日本一』に選ばれ、
日本 観光協会主催の『第4回優秀観光地づくり賞』を受賞
 
湯元から8キロの距離を引き湯していて約40分かかってこの温泉街まで流れ
その間、お湯が揉まれ肌に優しく評判の温泉 
江戸時代中期までは源泉地付近に温泉街があったが、土石流によって温泉街が埋まり、現在地より少し離れた場所に移転し この時から引湯管を用いた温泉供給が始まった
戊辰戦争の際に、官軍の拠点になることを恐れた二本松藩によって温泉街は焼き払われた。その後、現在地に温泉街が再建された
イメージ 43
   1955年昭和30年)8月24日国民保養温泉地に指定
イメージ 44

イメージ 45
 
 
高村光太郎の『智恵子抄』に詠われた安達太良山の広い斜面にあり、同じく詠われた阿武隈川を見下ろせる。温泉街の一角に、岳温泉神社がある
イメージ 40

今後1週間、東北地方の天気を調べると・・全て雨 
それも・・大荒れになるとの見解を予報士がメディアで伝えている
 
   ・・だめだこりぁ
全く今年は、、、
暑さで九州ツーから北海道ツーに変更し・・
バイクの調子が悪くドック入りで、更に東北キャンプツーが、
今回、土砂降り天気で、敢え無くキャンセルと相成りました 
明日の朝、解散し 其々で好きなルートで帰ることに・
 
 
 
   ノンさんは、海周りで、常磐道
 
     小生は、東北道で、那須あたりに・・