命の言葉 平成二十七年八月 聖徳太子 チョイト涼しくなるお話^^!

前回
 
 
命の言葉 平成二十七年八月 聖徳太子
 
イメージ 1
 
  和を以て
       貴しと為す。
 
   お互い和の心を以て
         仲良く務めることが
              最も尊いことである。
 
 
 
 
   真夏の日差しがひときわ厳しいこの季節
         皆様のご多幸を心よりお祈り申し上げます。
 
                             東京都神社庁
 
 
 
チョイト涼しくなるお話!
 
 
冠位十二階」「十七条憲法」で知られる飛鳥時代の偉人「聖徳太子」 
 
日本の紙幣は一時、千円札・五千円札・1万円札の肖像画は
 
全て聖徳太子だった時があったほどです。
 
その聖徳太子は数々の予言を残しており、
 
いくつかが当たっているということですが、
 
中には恐ろしい予言の数々が・・・
 
 
 
 
 
 
夏本番・・・涼を求めてみましたよ