北海道ツー 仙台港から苫小牧へ42年ぶりのフェリー& トラウマ ^^! A ブログ

前回
 
2015.7.19 1日目 16:15 
 
宮城蔵王の寄り道も早々に仙台港フェリー乗り場に到着 
 
 
イメージ 1
3,4番目に到着してかなり早いつもりが、
  30分もしないうちに1列目が、いっぱいに 
 
ご近所さんのご夫婦 奥様のセローと旦那さんのセロー(右)
イメージ 2
19:40発--7/20 11:00 苫小牧港着 混雑は、していない
 
イメージ 3
乗船待ちのライダーたちと・・やはりダベリング
  乗っているバイクも大小様々だ
 
そうこうしてると今回、乗船のフェリーが、着岸 
やはり・でかいなぁ~「きそ」
 
イメージ 4
全長:199.9m 幅:27m 総トン数:15.795総トン 
最大出力:16.100馬力×2基 旅客定員:768名 
車両積載台数:トラック 183台+乗用車 113台
#:バイクの台数は、明示されていない ☜その他程度だからね
 
イメージ 5
この「きそ」は、7/18に名古屋港を出港して 
  ここ仙台港から更に苫小牧へ向かう
 
これトラウマの思いで話 
 
バイクでのフェリー乗船は、かれこれ42年ぶりだ・・
九州HOND CB250エクスポートでソロで出かけ 
約1か月間 住所録が、大学ノート3冊 出来ましたね 
 
ぎりぎり迄、遊んで、長崎から宮崎のルートで
 
  台風の直撃  
 
暴風雨に遭遇しアチラこちらが、行禁止や不可が、多く
まぁ、、その頃は、テントシュラフも持っていなかったが、
とても屋根付きのバス停などでは,吹き飛ばされてしまい
    を逃れることはできないほどの状態 
 
止むおえず 灯りが、見えたので、ずぶぬれで、
 状況を話しお願いしたところ快く承諾いただき
  泊まらせていただいた其の手のモーテル 
 
 
 夜中の3時ごろ 
   けたたましくドアをたたく音が
 
 
先ほど宿泊を承諾してくれた店主が、
   2組のアベックを連れてきて 
 
 近くの川が、氾濫し2階まで水没、
         相部屋でお願いしますと 
 
小生の部屋は、運よく・3F  
 
翌朝、見れば 当然・・車もバイクも潜水艦状態 
 
3日間、水が引かず、、その後・・バイク修理 
 
陸路での東京帰りを諦めフェリーで
   宮崎の日向から川崎まで、サンフラワーに乗船 
 
次の台風のウネリで、物凄い揺れに耐えに耐え 
川崎港に降りて暫くはフラフラ状態で、
バイクに乗れなかった思い出がある ☜これトラウマに
 
 
もう・2列目もバイクで、いっぱいになった頃、
18:17 さあ、、乗船だ 約出港1時間30分前
 
我々は、16人の大部屋で、半数以上は、自衛隊の皆さんだ
 
イメージ 6
想像したよりも遥かに綺麗で、
   狭さは、仕方がないにしても安心した 
 
早速、セローの旦那さんに買ってきていただいた
仙台 「伊達の牛タン弁当」をほうばる
 
イメージ 13
前回・宮城蔵王の「こまくさ平展望台」からの思いが、
・・さらに美味しく味わえました 
 
イメージ 14
便乗させていただき旅先でのご近所さんに感謝です
 
   ・・ご馳走様でした 
 
出港までは、時間があるので、早速散策に出る 
 
イメージ 7
船内は、すでにけっこう賑わっている
 
イメージ 8
7階建ての船は、さすがに広いし大きい
 
イメージ 9
施設も豊富で、不便など無さそうだ
 
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
デッキに出てみよう
 
イメージ 16
おぉ、、タグボートが、、、そろそろ出港か
 
イメージ 15
仙台港もすっかり日が落ちた 
 
イメージ 17
次回に続きます、、