今年の初フグは、回ってた ^^!

f:id:ek0901:20180218111357j:plain

今年の初フグは、回ってた ^^!
ブログ https://blogs.yahoo.co.jp/kz10901/34952690.html

立春は過ぎたけどね ⛳ ブログ 

kzのブログ

 編集

気ままに・気の向くままに! 編集

書庫全体表示

 
  
前回
2017年10月 GOLF 徒然日記 東京・神奈川・山梨 GOLF場巡り ^^!
 
 
まだまだ自宅の路肩にも雪の塊も小山になっているけど
身体がなまってきたので、ふらっと出かけてみましたよ 
 
お昼近くに練習場へ
街中にあるGCなんだけどまだまだ残っているね
駐車場は、がら空きで、コースにも、人の姿が無いね
2週間以上もクローズだったけど
雪かきは大変だっただろね 
金曜日なんだけど
日陰には、芝の保護シートもまだ かけられている
マスター室で、セルフで周りませんかと 声かけられたけど
ドライビングレンジとアプ練場も 早くクローズしてしまう
日差しはあるが、やや風もあるし
パター練も飽きるし・
ノンビリ散歩がてら周ることに 
冬場は、ロングは、特に長く感じるね 
彼方こちらには、紅白の梅が、、咲きだしている 
 
イメージ 22
 
誰も居ないので、クラブを置いてカメラを持って 
シッカリとお池に・・ポチャ 
誰も観ていないので、、
バンカーは、この寒い中でも流石にフカフカだね 
チョイとクラブセットも入れ替えて
 練習に励まないと・・寒いゴルフから抜け出せないなぁ
 
風呂もまるで貸し切りのようで、
 ゆっくりとマッサージチェアーで居眠り 
 
 
よく見ると そこ此処で、芽吹きが、始まっている
 
家内のお菓子もチョコレート含みが、多くなってきたような 
クワバラ・くわばら 要注意ですな 
 
 
 
  まだまだ 気が抜けない日が続きますが、
 
     風邪などひかないようにご注意下しいね 

北海道ツー 17日目 寄り道編 最終章  北国街道・海野宿で胡桃蕎麦と雷電 小諸宿と懐古園  お洒落ランチ&スィーツ ^^! ブログ&動画

kzのブログ

 編集

気ままに・気の向くままに! 編集

書庫全体表示

 
  
前回
2016 北海道ツー 17日目 寄り道編 ① 長野県・上田城址城下町ブラぶら散歩 真田傍陽線と真田十勇士
 
2016.8.12
北国街道海野宿小諸宿
 旅籠メインの落ち着いた街並み
この旅の初日、会津大内宿でも食べた「くるみ蕎麦」
 
大相撲史上最強の呼び声高い力士雷電の意外な一面 
おゃ城下町より低地の「小諸城
 
最後は、小諸駅「停車場ガーデン」
  おやじ二人で、お洒落ランチ&スィーツ 
 
 
動画編
 
 
 
タイムライン
 
イメージ 1




 

 

 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2016 北海道ツー 初日 1 福島の「塔のへつり」から「大内宿」へ 寄り道 ^^!
 
 
 
             相撲取り雷電の画像
イメージ 47
 
 
 
 
 
 
小諸城は、武田信玄のころ山本勘助らにより現在の縄張りとし、
豊臣秀吉天下統一のとき小諸城主となった仙石秀久により完成された城
城下町より低い位置に城を築いた「穴城」は全国でも珍しい城で
日本百名城」、「大手門」や野面石積みの石垣は400年前のまま
当時の姿で残る
明治の廃藩置県により役割を終えた小諸城は、本丸跡に「懐古神社」を祀り懐古園と名付けられました
明治の文豪・島崎藤村をはじめ、若山牧水高濱虚子臼田亜浪のゆかりの地であり、多くの歌碑を見ることができます
 
しなの鉄道しなの鉄道線と、JR東日本小海線が乗り入れており、
小海線は当駅を終着駅としている 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さまざまな思い出を回想しながらのブログ
 
ようやく無事に完 
 

平成三十年二月 命の言葉 北原白秋 まだまだ寒くて花より🍡かな ^^! ブログ

kzのブログ

気ままに・気の向くままに! 編集

書庫全体表示

 
  
前回
平成三十年一月 命の言葉 明治天皇 年末年始の面白風景かな ^^!
 
 
    
イメージ 1
 
「日はのぼる、旗雲の豊の茜に、
 
いざ御船行でませや、うまし美々津を。」
 
「茜色に染まった豊旗雲のたなびく日の出の空の下、
  東征の船よさあ出立ちませ、この美しい美々津の港を」
 
皇紀二、六〇〇年奉祝事業のために、日本建国の神話をテーマに、詩人北原白秋が作詞し、信時潔が作曲して出来上がった交声曲
海道東征の一節
 

 北原 白秋

明治期~昭和期の日本の詩人、童謡作家、歌人
生涯数多くの詩歌を残し、「この道」「ゆりかごのうた」等、
今なお歌い継がれる童謡を多数発表し、近代日本を代表する詩人
 

 
都立善福寺公園の上池も全面結氷する寒さ 

今年も子供たちが、沢山b集まりましたよ 
イメージ 3
お父さんお母さんの方が、入れ込んでますね 
みんな一生懸命に走りましたよ 
 
から誕生日を祝って 
イメージ 7
 
 
まぁ・・それなりですなぁ
 
見よう見まねの味かなぁ
 
 
まだ、路肩には残雪が残る寒い中
イメージ 15
昼前なのに並んでいるね 
西新宿の満来
イメージ 17
だいぶ値段も上がったよね でも メニューの数は、おんなじだね
イメージ 18
30年前からすると麺も幾分変化した感じだけど
絶品のモチモチ麺 チョイと寒いくらいなら食べていくね 
幾分、小さく&薄くなった気もするチャーシュー
 
 
センタービルの粋な生け花も春めいてきました 
 
 
イメージ 25
外は、昼間でも凍えそう
 

ヤッパリ アツアツの焼きたてパン 

カットすると水蒸気が、あふれ出して たまらないですよ 
イメージ 29
デザートも手造りロールでね
イメージ 12
 
イメージ 13
 

 
    今夜の天気予報も雪模様だって 
 
   寒さには、十分に気お付けてお過ごしくださいね 
 

2016 北海道ツー 17日目 寄り道編 ①  長野県・上田城址城下町ブラぶら散歩  真田傍陽線と真田十勇士 ブログ&動画

kzのブログ

気ままに・気の向くままに! 編集

書庫全体表示

 
  
前回
2016 北海道ツー 16日目 寄り道編 ③ 真田公ゆかりの地 長野県上田城址と最後の晩餐 ^^!
 
 
2016.8.12
丁度、NHKの大河ドラマ真田丸が盛り上がって 
昨日から彼方こちらに赤い旗が、目立っている
此処、上田市は、メインエリアだ
今回は、上田城址城下町をぶらぶら散歩 
様々な昔ながらの風情が、続く街並み
 
エェ・・お城の堀の中を走っていた真田傍陽線
    真田十勇士は、伝承上の架空の人物なんだって 
 
 
動画編
 
 
 
タイムライン
 
 
シッカリ 洗濯物干し場に・
歩いて4~5分で、
南口側は、まだまだ閑散としているね
 
神戸流通科学大学のバスケット部合宿
7:00 空いているうちに城下町を散策しょう 
 
 

「ひのもといちのつわもの」


 
 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 


イメージ 48

 
 
 
 
イメージ 49
 
豊臣方の武将真田幸村の家臣として活躍をしたとされる十人の勇士の総称
この内の一部の名は、江戸時代中期頃に著された真田三代記
その武勇伝は架空のものであり真田三代記『難波戦記』を種本として立川文庫によって創作された 
 
学校の敷地が真田信之の時代から、ずっと藩主の屋敷跡 
明治~昭和前半の上田市養蚕製糸業で繁栄し、「蚕都(さんと)」と呼ばれるようになりました 
 
 
 
 
    さて・チョイト移動して
 
      「日本の道100選海野宿へ 
 

晩秋の甲州路と中山道 宿場巡りツーリング 第八幕 最終章 群馬県・倉賀野宿と金山城  太田名物・焼きそば&エェ・なすの蒲焼重 大うけでした ^^! ブログ&動画

気ままに・気の向くままに! 編集

書庫全体表示

 
  
前回
晩秋の甲州路と中山道 宿場巡りツーリング 第七幕 碓氷湖&横川駅 ほっかホッカ「峠の釜めし」絶品です ^^!
 
2017.11.6
本当に・・昔・むか~し・子供の頃、おぼろげに・
家族で出かけた時に横川駅で親父が駅弁を列車の窓から買ってくれたけど
 冷たい釜めしで、あまり美味しいとは思えなかったなぁ  
今回、登場する●〇蒲焼重も傑作
 旅の味付けは、この中山道も充実してましたね 
 
 
動画編
 
 
 
タイムライン
倉賀野宿とは、中山道六十九次木曽街道六十九次)のうち
江戸から数えて12番目の宿場である
 
 
 
 
 
 
 正式な名は源 義貞 
 
 
鎌倉末期から南北朝の混乱の時代にあって、
足利氏と並び武家を統率する力のある家系であった新田家 
 
 
鎌倉幕府を攻撃して滅亡に追い込み、後醍醐天皇による建武新政樹立の立役者
軍記物語『太平記』においては、前半の主人公の一人とも言える存在だった
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
茄子の皮は、捨ててしまうらしいので、漬物用として頂きましたよ 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   土産物と家内の手造りケーキで、
 
      旅の話で盛り上がりました  

北海道ツー 寄り道編 ③ 真田公ゆかりの地  長野県上田城址と最後の晩餐 ^^! ブログ&動画

気ままに・気の向くままに! 編集

書庫全体表示

 
  
前回
2016 北海道ツー 16日目 寄り道編 ② 栃尾名物ジャンボ「あぶらげ」&真田十万石の城下町 信州まつしろ
 
2016.8.11
真田邸から千曲川沿いを信濃鉄道線と並走し旧道を行く
 北陸新幹線上信越道もすぐ近くを走る 
豊かな自然と歴史に包まれた町・上田市
 真田地域の中心・上田城 
 
  戦国の世を生き抜いてきた武勇伝が、伝えられている 
 
 
動画編
 
 
 
タイムライン
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38
 
 
 
 
 
 
 
 
 
直ぐに駅前散策 
 


ヤッパリ・・繁華街へ足が向くねぇ 
 
地元の料理を頂こう 

どれも上品なお味で、美味!
 
こりゃ・・ウマいねぇ 
ガッツリ飲み食いさせていただきましたよ 
 
 
 

  とうとう最終日になってしまう
 
     明日もぎりぎりまで楽しむぞぉ