晩秋の甲州路と中山道 宿場巡りツーリング 第八幕 最終章 群馬県・倉賀野宿と金山城  太田名物・焼きそば&エェ・なすの蒲焼重 大うけでした ^^! ブログ&動画

気ままに・気の向くままに! 編集

書庫全体表示

 
  
前回
晩秋の甲州路と中山道 宿場巡りツーリング 第七幕 碓氷湖&横川駅 ほっかホッカ「峠の釜めし」絶品です ^^!
 
2017.11.6
本当に・・昔・むか~し・子供の頃、おぼろげに・
家族で出かけた時に横川駅で親父が駅弁を列車の窓から買ってくれたけど
 冷たい釜めしで、あまり美味しいとは思えなかったなぁ  
今回、登場する●〇蒲焼重も傑作
 旅の味付けは、この中山道も充実してましたね 
 
 
動画編
 
 
 
タイムライン
倉賀野宿とは、中山道六十九次木曽街道六十九次)のうち
江戸から数えて12番目の宿場である
 
 
 
 
 
 
 正式な名は源 義貞 
 
 
鎌倉末期から南北朝の混乱の時代にあって、
足利氏と並び武家を統率する力のある家系であった新田家 
 
 
鎌倉幕府を攻撃して滅亡に追い込み、後醍醐天皇による建武新政樹立の立役者
軍記物語『太平記』においては、前半の主人公の一人とも言える存在だった
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
茄子の皮は、捨ててしまうらしいので、漬物用として頂きましたよ 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   土産物と家内の手造りケーキで、
 
      旅の話で盛り上がりました