セローで半端な福島キャンツー ①  水郷潮来の「あやめ園」・  「鹿島神宮」で安全祈願・「鹿島灘海浜公園」でポテサラ・流石の「国営ひたち海浜公園」 ブログ&動画

kzのブログ

 編集

気ままに・気の向くままに! 編集

書庫全体表示

 
  
前回
 
2017.7.28
2年連続で渡道 しかし 今年は、九州ツーを計画していた 
でも酷暑を懸念して3年連続の渡道に変更に戻した 
 だが、7/3にエース愛車のBMW F650GSが、不調でドック入り 
  そして 九州は、大変な豪雨被害で、とてもツーなど・・
   急遽セローで、気ままな東北キャンプツーを企画
 
  二転三転の計画先行き不安スタートだった 
 
動画編
 
 
 
タイムライン
 
 
今回もご同行してくださるノンさんとは、明日、合流の予定だ 
早い時間に都心を越えてと
東関東を風雨に負けずマイペースで、進める 
普段は便利なトップケースも荷造りには、不便だね
なんかタンクに半分 座っているような狭苦しいポジション 
 
 
寄り道第一弾 

水郷潮来あやめ園   

面積約1.3ヘクタールの水郷潮来あやめ園(昭和51年4月開園)は、
毎年5月下旬~6月下旬に開催される
水郷潮来あやめまつり大会」の会場となっています
園内には、何種類ものあやめ(花菖蒲)が植えられており、
見頃を迎えると一面に咲き誇ります。
   一番の見頃は例年6月10日頃です
あやめまつり期間中は潮来花嫁さん嫁入り舟」やあやめ
ろ漕ぎ舟遊覧など水郷ならではのイベントが開催されます
 
 
時々 ドシャ降りでも濃くなってきたような 
 
なかなか寄ることが、叶わなかったけど・・
天気が悪いからなのか、空いているねぇ
 
鹿島神宮 | 常陸国一之宮
茨城県南東部、北浦鹿島灘に挟まれた鹿島台地上に鎮座する
古くは『常陸国風土記』に鎮座が確認される東国随一の古社であり、日本神話大国主の国譲りの際に活躍する武甕槌神(建御雷神、タケミカヅチ)を
祭神とすることで知られる
古代には朝廷から蝦夷の平定神として、
   また藤原氏から氏神として崇敬された
神威中世武家の世に移って以後も続き、
    歴代の武家政権からは武神として崇敬された
現在も武道では篤く信仰される神社である
文化財のうちでは、「韴霊剣(ふつのみたまのつるぎ)」と称される
  長大な直刀国宝に指定されている
境内が国の史跡に、本殿拝殿楼門など社殿7棟が国の重要文化財に指定されているほか、多くの文化財を現在に伝えている
  鹿神使とすることでも知られる 
 
日本でプロサッカーリーグを創設しようという動きが具体化した1990年
平成2年)に、茨城県を拠点に活動していた住友金属蹴球団が、Jリーグへの参加を表明したことを契機として、1993年(平成5年)3月26日収容人数約
15,000人、日本初の全席背もたれ付きの個別席、スタンド全面が屋根付きの設備を有するサッカー専用スタジアムとして誕生した  
1998年(平成10年)には、2002 FIFAワールドカップ開催に合わせて既存設備にスタンド等を増築するなどの大規模改修が行われ、2層式スタンドを持つ収容人数41,800人の現在のスタジアムの形に変わり、2001年(平成13年)から供用を再開した  
施設規模は、建築面積30,499m2、延べ床面積85,019m2を有し、主要構造部が鉄骨鉄筋コンクリート造+鉄骨造の地上6階建てで、建物の最高高さは49.5mある。2012年現在の収容人数は40,728人で、2層式スタンドの観客席は全席背もたれ付きの独立シートを備える 
スプリンクラーとアンダーヒーティング設備を備えており、その他運営諸室や貴賓室、放送関係設備など、2002 FIFAワールドカップをはじめとした国際試合開催に対応できる諸設備を備えたサッカースタジアムとなっている  
 
イメージ 50
鹿島灘海浜公園内にある「もぎたて市場」では、
鉾田市名産のメロンやさつまいもなどの農産物や、鹿島灘ハマグリなどの
海産物、公園内で食べられるお惣菜やスイーツなどを販売しています
 
 

プリンセスフラワー
園内が一望できる観覧車。一番高いところで海抜100m
プレジャーガーデンエリア
このエリアは世にも奇妙な物語 2012年 春の特別編鈴木福主演における
7歳になったら」の劇中で、観覧車や、遊園地の風景でロケ地となった。
刑事ドラマ古畑任三郎」2期に於いて、木村拓哉ゲスト回“赤か、青か”に於けるロケ地としても使われた
ディスク・オー(絶叫マシン
水遊びの広場

樹木エリア ひたちなか自然の森

アカマツクロマツを中心とした里山。池ではカワセミなどを観察することができる


みはらしエリア
みはらしの丘
ひたちなか市内で最も高い丘。
春はネモフィラ、秋はコスモスコキア(ホウキグサ)などが一面を覆い、
園内や太平洋を一望できる



ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017
国営ひたち海浜公園の画像




四季の移り変わりが楽しめるね 

いつの間にか晴天になって丘を抜ける風が、清々しい 
 

   ・・此処までで、太陽とはお別れで、、