読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016 北海道ツー 5日目 ④ 小樽: 北の古き良き街 おやじ二人で そぞろ歩き 色気より勿論・食い気 ^^! ブログ&動画

前回
 
2016.8.2
折角なので、小樽歴史的建造物 が、観光資源として見直しされ
観光都市として脚光を浴びるようになった街中へ・・
北海道商都として栄えた小樽を感じさせる、レトロな建造物に出会うため
小樽っ子」気分で、「坂のまち、小樽」を
少し歩いてみよう 
 
動画編
 
 
タイムライン
 
イメージ 24
 
                 小樽憲章 大正11年8月28日制定
イメージ 1
 
15:45 
イメージ 3

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 25


イメージ 4
小樽は、北海道歴史文化経済大きく貢献した街
明治時代には国際貿易港にも指定され、日本でも指折りの企業や大手銀行が軒をつらね、大変な繁栄ぶりでした 
このため、鰊(ニシン)漁で財をなした親方の鰊御殿や、世界の相場で大儲けした
商人実業家が建てた大邸宅など、豪商たちにより、たくさんの文化的遺産
残されています 
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
 
イメージ 11
小樽商人気宇の大きさを味わうことができる、ロマン溢れる街並み 
イメージ 12
 
イメージ 29
小樽は、海から山へせり上がった地形をしているため、多くの坂があります
住民は、昔から日に何度も坂を上り下りしながら、生活しています 
つま先上がりの急な坂を一歩一歩踏みしめながら上り切って、
ほっと振り返ると、
青い海にフェリー、対岸にかすむ増毛連山の絶景が目に飛び込んできます 
 
イメージ 13
・・大したことなくって良かったな 
イメージ 14
 
イメージ 15
イメージ 16
見晴らし坂上
イメージ 27
小樽市指定歴史的建造物 第71号 板谷
  海運業などで財をなした板谷宮吉の邸宅を利用している
 
イメージ 30
 
イメージ 17
 
 
イメージ 18
 
イメージ 19
 
イメージ 20
イメージ 21
イメージ 22
イメージ 23
16:40
樽市では魅力あるまちづくりをすすめるために、市内を八つの地区に分け、
それぞれの地区を代表する景観を八つ選びだし、市内全体で64景(8地区×8景)
小樽八区八景として選定
イメージ 26