読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

早春の箱根・伊豆ツー ② 旧東海道  箱根八里の七曲り橿木坂上 甘酒茶屋と忠臣蔵の秘話 嬉し恥ずかし記念撮影 ^^! ブログ&動画 

前回

早春の箱根・伊豆ツー ① 旧東海道 畑宿寄木細工と一里塚 箱根八里の七曲り・まさかの橿木坂 甘酒茶屋で一服 ^^!

 

2017.2.25

何度となく訪れる箱根旧東海道甘酒茶屋に寄ったのは初めて 

13代続く老舗に代々引き継がれた米麹だけの甘さを味わった

そして忠臣蔵秘話の真実が、明らかに 

 

動画編

 

タイムライン

 

 

 

 

箱根八里

 

箱根路は、小田原から箱根峠までの東坂が4里10町(17km)、

箱根峠から三島までの西坂が3里20町(14km)、

合せて約8里(31km)あるところから箱根八里と呼ばれる

 

 

 「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川・・・」

と唄われたように、箱根八里大井川と並ぶ東海道の二大難所

中でも畑宿から箱根峠に至る上りが最大の難所だった 

 

・・箱根越えは、8里(32Km) 1日かかったそうな 

 

文政年間:江戸幕府仁孝天皇は、1817年(文化14)将軍は徳川家斉 (11代)

箱根八里には急坂を越えるため、「間の村(あいのむら)にある茶屋以外

にも坂の上下などに人馬が一服できる立場茶屋が設置されていた。

江戸時代後期の箱根東坂には、9ヵ所に13棟の立場小屋があったが、

現在は此処のみ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 




 

 

 

 

仮名手本忠臣蔵 (かなでほんちゅうしんぐら)

人形浄瑠璃および歌舞伎の演目のひとつで、赤穂事件を題材としたもの

 

 

 

大高 忠雄(おおたか ただお、寛文12年(1672年)-元禄16年2月4日1703年3月20日))は、江戸時代前期の武士赤穂浪士四十七士の一人。本姓安倍氏家紋は丸に三盛亀甲花菱。通称は源五・源吾(げんご)。また、子葉という雅号を持ち、

俳諧にも事績を残した・・

 逸 話

大高忠雄が江戸下向しようとしている道中、団蔵というヤクザ者の馬子が

「馬に乗れ」とからんできた。忠雄は断ったが、腰抜け侍と見て調子に乗った団蔵は「詫び証文を書け」と因縁をつけてくる。大高はここで騒ぎになるわけにはいかないと思って、おとなしくその証文を書いた。これを見た団蔵は腰抜け侍ぶりを笑ったが、

その後、赤穂浪士の討ち入りがあり、そのなかに忠雄がいたことを知った団蔵は

己を恥じて出家の上、忠雄を弔ったという

大高の詫び証文が三島の旧本陣世古家に所蔵されて現存している。

しかし、これらは後世の創作といわれている 

東海道五十三次 

東海道五街道*のひとつで、江戸日本橋から西方沿海の諸国を経て京都三条大橋に至る約500kmの街道である。幕府はこの沿道を総て譜代大名の領地とし、

53の宿駅(しゅくえき)を設けた。

この街道筋の風物を描いた歌川(安藤)広重葛飾北斎らの絵は有名である

 

五街道東海道中山道日光街道甲州街道奥州街道

 

この街道筋の風物を描いた歌川(安藤)広重葛飾北斎らの絵は有名である

継飛脚幕府の公文書を無料でリレー運送するもので、

一人が黒漆塗りの御状箱をかつぎ、他の一人が肩代わりとして

夜は高張提灯を持って500kmを二日で走った  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PS
此方は、御坂峠の「天下茶屋

秋の旧甲州&甲斐路ツー いざ御坂峠から絶景の天下茶屋へ ^^!