2016 北海道ツー 4日目 ② 道南いさりびラインから 追分ソーランライン 津軽海峡から「にしん街道」 再び山越え ^^! 洞爺湖で有珠山の脅威を観る  ブログ&動画

前回
 
2016.8.1 
午前中の函館朝市は楽しかったねぇ 
 
遥か昔
 津軽海峡をはさんだ下北半島の突端大間港の宿から1週間、
  夜通し美しい漁火を眺めた思い出が、甦ったり 
   津軽半島の突端 龍飛岬で、強い風に煽られながら観た北海道
    でも・新幹線開通後の津軽海峡は、とても穏やかな海だった 
 
動画編
 
 
タイムライン
 
イメージ 31
素晴らしい天候と美しい景観だ
イメージ 1
 
イメージ 2
津軽半島の突端 龍飛岬から眺める北海道
イメージ 3
 
イメージ 33
                                    リンク ☝
イメージ 32
 
北海道内最南端の駅であり、北海道新幹線における北海道の玄関口
イメージ 4
 
イメージ 5
路線距離
79.9 km
 経営が移管された
イメージ 6
木古内―江差間のいま 2 天の川に沿って走る線路 
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 9
カモメ島
かつて、かもめ島がまだ弁天島と呼ばれていたころ、天然の良港を築くこの島は
ニシン漁北前船交易の舞台でした。江差の歴史はかもめ島から始まった!
檜山道立自然公園特別区域に指定されるこの美しい自然の小島は、江差
シンボルとして多くの人に愛され、親しまれています。海抜20m、周囲2.6km
イメージ 35
 
イメージ 10
 
イメージ 11
イメージ 12
 
イメージ 34
 
イメージ 13
 
 
国道228号標識
国道229号標識
 
 
日本海追分ソーランライン (にほんかいおいわけソーランライン)は、
イメージ 14
イメージ 15
イメージ 16
 
リンク☟
イメージ 36


イメージ 17
イメージ 18
 
“クドウ初鰊群来る大漁”
 ここ、せたな町大成区(旧大成町)「にしん」で栄えた町の一つです
日本海沿岸の松前を起点とし、連なる町々は全道を一周し、、
「にしん街道」で結ばれ、地域の特色ある歴史と伝統の数々を垣間見せてくれる
 
イメージ 19
江差町柳崎からは、奇岩が多くなり、トンネルも多くなる。せたな町太櫓越峠
超える以外では、ほとんど海沿いを通り、ずっと風景は漁村ばかりになる
イメージ 20
 
再び山越えして太平洋内浦湾側に出る
イメージ 21
真夏なのに薄ら寒い 
イメージ 22
 
海沿いに出たので、カニ飯で昼食 
イメージ 37
ソロのGSさんも休憩中
イメージ 23
 
イメージ 38
14:20 ライダーたちが良く寄る道の駅
イメージ 24
 
 
イメージ 25
 
 
 
イメージ 41
イメージ 26
その恐ろしさが、目の前に広がる 
 
イメージ 39
☝ リンクです ☟
イメージ 40
イメージ 27
 
イメージ 28
 
イメージ 29
 
イメージ 30
 
 
今夜の宿は、函館本線比羅夫駅
 
駅の宿:比羅夫
 
ホームでバーベキューを食べたり 風呂に入ったり・・・