シリーズ? たまたま 徳川家康 没後400年記念  上野東照宮 お参りと初詣 師走のアメ横 そぞろ歩き ^^! ブログ&動画

前回
 
なんだかシリーズものになっているような東照宮巡り
  ホント・・たまたまなんですが、 
 
今回は、上野の友人宅で、年忘れ 
従って・・少し早めに出かけて年末散歩に相成りました 
 
動画編
 
タイムライン
イメージ 13
ここら辺は、何度訪れても発見があります 
イメージ 14
 
不忍池には、たくさんのカモメ達も遊びに来ている 
イメージ 15
 
イメージ 16

医薬祭

毎月10日・祭神の大己貴命少彦名命に因んだ病気平癒・健康祈願の祈祷。
3年に一度、千貫神輿と呼ばれる大神輿渡御がある。
イメージ 17
 
社伝によれば、日本武尊東征のおりに大己貴命少彦名命上野忍が岡
祀ったものとされ、天神山(現摺鉢山)や瀬川屋敷(現アメヤ横丁入口)など、
幾度か社地を転々とした後、昭和3年(1928年)9月に創祀の地に最も近い現在地
遷座された。また相殿菅原道真は、江戸時代に入り寛永18年(1641年)に
合祀されたという。
イメージ 18
 
  • 祭神:倉稲魂命
  • 歴史:この神社の創建年代については不詳であるが、
  •     五條天神社が移転してくる以前からこの地にあった神社である。
 
仏山という丘の上。薬師仏を祀るパゴダ様式の祈願塔
イメージ 19
 
イメージ 10
往年の上野大仏
イメージ 11
度重なる罹災により損壊し現在は、顔面のみとなった上野大仏
 
 
上野東照宮
イメージ 20
1627年(寛永4年)、津藩主藤堂高虎天台宗僧侶天海僧正により、
東叡山寛永寺境内に家康公を お祀りする神社として創建され、
1646年(正保3年)には正式に宮号を授けられ東照宮となりました。
イメージ 21
 
イメージ 22
冬ぼたん:例年同様元旦からの開苑予定 
イメージ 12
大石鳥居の脇にある大きな灯籠は1631年(寛永8年)に佐久間勝之より奉納された
高さ6.8mと あまりにも大きいく 名古屋の熱田神宮京都南禅寺の大石灯籠
合わせて日本三大石灯籠のひとつ 
 
イメージ 23
 
現存する社殿は1651年(慶安4年)に三代将軍徳川家光公が造営替えをし
その後戊辰戦争関東大震災でも焼失せず、第二次世界大戦にも不発弾を
被っただけで社殿の倒壊は免れた江戸の面影を現在に残す貴重な文化財
イメージ 24
文化財保護の為、社殿内は非公開
イメージ 1

金色殿とも呼ばれており、参道側から拝殿幣殿(石の間)、本殿
三つの部屋から構成される権現造 
イメージ 25
上部の錦鶏鳥銀鶏鳥の透彫は精巧で美しく 
天下泰平の願いを込めて彫られたと考えられています 
 
イメージ 26
唐門両側の6基は、内側より紀伊水戸尾張徳川御三家より
2基ずつ寄進されたものです
イメージ 27
 
イメージ 2
 
70年間続いた 「こども遊園地」 が、取り壊しされていた 
イメージ 3
 
イメージ 4
もうかたずけの最中だったね
イメージ 5
 
イメージ 28
 
イメージ 8
上野公園で、佐賀・長崎観光物産展
イメージ 6
 
イメージ 9
 
イメージ 7
「あご」「いりこ」買っておきたかったけど・・
イメージ 29
 
上野駅もそんなに混雑の様子はないね 
イメージ 30
 
まだまだ、年末モードには、程遠いな 
イメージ 31
 
イメージ 32
 
イメージ 33
 
イメージ 34
 
イメージ 35
 
イメージ 36
 
イメージ 37
 
イメージ 38
 
イメージ 39
 
イメージ 41
 
イメージ 44
 
イメージ 40
 
イメージ 42
 
イメージ 43
 
イメージ 45
 
イメージ 46
 
イメージ 47
 
イメージ 48
 
イメージ 49
 
路地裏には魅力的な店が並ぶね
イメージ 50

さぁて・・いい時間になりましたのでココラへんで、終了
 
  アチコチのいい匂いに・・後ろ髪曳かれるなぁ