平成二十八年十二月 命の言葉 ポール・クローデル すっかり師走& Xmasモードだね ^^! ブログ

前回
 
 
  命の言葉 平成二十八年十二月
                  師走:井草八幡宮
 
イメージ 1
 
   「私が断じて滅びない事を願う
            一つの国民がある 
                   それは日本人だ
 
「あれ程度興味ある太古からの文明は消滅させてはならない。
 日本は驚くべき発展をしたが、それは当然で、
  他のいかなる国民にもこれ程の資格は無い。
   彼らは貧乏だ。然し、高貴だ。」
 
と続く。日仏間が戦争状態であった昭和十八年、
         元駐日フランス大使であった彼が語った言葉。
 
1868~1955年。フランスの作家、詩人、外交官。
大正十年から六年間駐日フランス大使として在日。彫刻家である姉・カミーユ
ジャポニズムに感化されたこともあり、日本を広く見聞した。
日本で関東大震災に遭遇し、その際、被災者が配給の列に整然と並ぶ姿
驚きをもって手記に記したという。
 
 「柚子の実のなる季節、ご参拝の皆さまに実り多きことを祈ります」
                                     東京都神社庁
イメージ 2
 
イメージ 3
 
寒い中、早朝より多くの方が、参拝に来る 
イメージ 4
君は、夏モードから毛が伸びて冬物に変化してきたね 
 
散歩していると彼方此方が、Xmasモードに気づくね 
イメージ 5
此れからサンタさんも大変だ 
イメージ 6
 
ハロウインが、終わったら・・こんな!
イメージ 7
毎度、なかなかユニークな設えですなぁ ・・前回の作品は、こちら 
イメージ 8
 
散歩から帰ると、焼き立ての食パン 
イメージ 9
 熱 アツの状態で型から叩き出す 
イメージ 10
ベルも机の下でウロチョロ 
イメージ 11
ヤァッホー 切り口から湯気が、出ますね 
イメージ 12
フッカふっか の焼きたては、何にもいらないほど 食べれます 
イメージ 13

  さぁ‥今月は、早いぞ