秋の榛名山麓・柳生新陰流から古代上野国: 箕輪城址を訪ねながらの打ち合わせツー ^^! ブログ&動画

前回
 
2016.10.22
11/初旬に2~3泊で、飛騨高山白川郷五箇山・・あたりから能登
神尾鉱山素粒子ニュートリノの研究成果によって昨年、梶田隆章さんが
ノーベル物理学賞を受賞したことにより話題になったスーパーカミオカンデ見学
野麦峠郡上八幡・シラビソ高原下栗の里・・などなど候補は、沢山 
 
打ち合わせを兼ねてプチツー 
イメージ 37


動画編
 
 
タイムライン
関越道に入るとすぐに事故渋滞 
イメージ 22
路肩には、消火剤が、たくさん残っている 
イメージ 23
どうやらバイク事故だ 
イメージ 24
気を引き締めて行かなければ 
イメージ 25
8:45 ノンさんとの待ち合わせの三芳SA・・凄い混雑だ
イメージ 26
・・・どうも いつもの「天玉そば」がいい 
イメージ 27
イメージ 28


 
イメージ 29


 
踏み切り待ちも結構楽しい 
イメージ 30
本日の散策 一発目
イメージ 31
イメージ 32
 
上泉城は、桃ノ木川と藤沢川の合流地点に築かれた城で、
  赤城南麓地帯を領有していた大胡氏の一族「上泉氏」の居城
イメージ 33


 
上泉 信綱(かみいずみ のぶつな、永正5年(1508年)? - 天正5年1月16日
1577年2月3日)?)または
上泉伊勢守(かみいずみ いせのかみ)は、上州出身の戦国時代兵法家
信綱箕輪城長野氏に仕えた。長野氏滅亡後、長野氏旧臣を取り立てた
武田信玄には仕えず、落城後、新陰流を普及させるため神後宗治疋田景兼らの
高弟と共に諸国流浪の旅に出た。

箕輪長野氏家臣時代

撃剣叢談』によると、1555年天文24年)北条氏康の大胡城攻撃に会い開城したという。その後、長野業正とその子長野業盛に仕え、武田信玄北条氏康の大軍を相手に奮戦し、長野の16人の槍と称えられ、上野国一本槍の感謝状を長野業盛からもらったという。長野家滅亡時、武田信玄の仕官要請を断り、それを惜しんだ信玄(諱は晴信)の偏諱授与により、諱を信綱と改めたという逸話が『甲陽軍鑑』にある。
 
その手に持たれる剣は、「袋竹刀」:竹刀(四つ割竹刀)が考案される以前に
剣術稽古に用いられていた道具の一種で、剣聖と謳われ、発明した。
イメージ 34
 
新陰流では上泉信綱が考案したと伝えられ、蟇肌竹刀(ひきはだしない)とも呼ぶ
剣術流派の稽古に用いられている
イメージ 35
 
穀物倉庫らしく通風を考慮した造りだ。
 
 
 
宝塔山古墳ほうとうざんこふん)総社町9号墳は、
群馬県前橋市総社町にある方墳である。国の史跡に指定されている。
総社古墳群を構成する1基。7世紀末築造の末期古墳
イメージ 36
 
 
5世紀後半から7世紀にかけて古い方から順に、
イメージ 2
藩主であった秋元氏の墓地(市指定史跡)がある。
秋元氏は近隣の農民の為、天狗岩用水を引くことに尽力したとのことで、
人々には慕われていたようである。
この天狗岩用水は古墳群の中を現在も流れている
イメージ 3
 
古墳群は上毛野氏の墳墓ではないかと言われていいる。
毛野氏とは東国を治めた第10代崇神天皇の長子・
豊城入彦命
(とよきいりひこのみこと)の子孫で、後に上毛野氏下毛野氏に分かれた
イメージ 1
高度の技術を駆使した切石切組積みの両袖型横穴式石室
中は、羨道・前室・玄室のこの頃の古墳としては一般的な3部屋構造
全長は12.4mで、
1300年も前にまるで近世城郭の石垣みたいにきれいに石を積んでいます。
 
イメージ 4

資料館内には、様々な出土品が、展示されている
イメージ 12
シニアさん達が、丁寧に館内説明をしてくれている 
 
此方、JRの踏切 
イメージ 13
 
やはり蕎麦屋さんが、多いね
イメージ 14
 
イメージ 15
 
本来は、工事中で一般車の通行は、規制されている 
イメージ 16
箕輪城址
東西約500メートル、南北約1,100メートル、面積約36ヘクタール
(史跡面積=約19ヘクタール)におよぶ西上野(にしこうずけ)の中核的な城郭
 
イメージ 17
北西から南東方向にのびる尾根上に主要な曲輪(くるわ)を直線的に配置し、
さらにこれを核にして多数の曲輪を線対称状に配置した
曲輪を区画しているのは、本丸周囲を巡る最大幅40メートル、深さ10メートルに代表されるような広大な堀が特徴だ
イメージ 18
西暦1500年前後に長野氏が築城し、その後4代にわたっての本拠でした
イメージ 19
永禄9年(1566)に武田信玄に落とされるとその後は、武田氏(1566~1582年)、
織田氏(1582年)、北条氏(1582~1590年)、徳川氏(1590~1598年)と次々と
主(あるじ)を変えましたが、その度に各大名の有力家臣が城主だった
イメージ 20
最後の城主井伊直政(いいなおまさ)は、徳川家康の家臣のなかでは最大石高の
12万石で封じられています。その8年後の慶長3年(1598)、
井伊直政は城を高崎に移し箕輪城は廃城となった
イメージ 21
特に堀の規模と 虎口(こぐち)(出入り口)周囲の残りのよさが特徴であり、そうした特徴を活かした史跡の環境整備・遺構整備に平成23年度より着手しています
イメージ 6
 
高速は、激混みらしいので、いつもの様に下道で、帰ることに
イメージ 7
やはりアチコチ寄り道しながら・・
イメージ 8
ミカン+焼き芋 
イメージ 9
 
暗くなっても土曜日なので、賑やかだね 
イメージ 5
 
流石に浴衣ではないだろうけど着物姿が目立つね 
イメージ 10
18:00 ファミレスで最後に打ち合わせ 
イメージ 11


山は、結構寒くなる時期だが、楽しみなロンツーです