読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平成二十八年八月・命の言葉 「正直の頭に神宿る」 ブログ

前回
 
2016.8.17
 
平成二十八年八月
 
            命の言葉
 
イメージ 1
                       竹下稲荷神社
 

正直の頭に神宿る

   正直な人には神さまの御加護がある
イメージ 2
 
正直とは嘘偽りのない清らかな心で、
清浄を尊ぶ我が国では最も尊い徳目の一つとされた。
また古来より清浄で正直な心には神霊が宿るとされ、
多くの御加護が授けられると信じられた。
義経記』『太平記』といった中世の古典には、
すでに同様の言葉が確認できることから、
それ以前より広く定着していたようである。
 
 
昨年に続き半月間、
東日本&北海道のツーリングを終え 
様々な人々と共に風習・風土・風景に触れてきた。
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
何処の地に於いても独特な地域性のある
神として祀り崇め地域住民の心の支えとして
多くの神社が、絶えることはない。
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
海や山 川や湖に或いは、熊や鳥たち動物とも
共存し認め合って暮らす そんな人類共通の
存在と先住への尊崇の念が、宿っている。
イメージ 4
何処の地において暮らす民も
住めば都」の如く
今をこの地で、一生懸命に生活を営む
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
八月は、素直にそんなことが、
胸に染み入る 暑くて深い日々だと感じる。
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
…君は、特にだね ベル