読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平成二十八年七月・命の言葉:山本周五郎 ヤッパリ・・曲がり角・多いよなぁ ^^! ブログ

前回

平成二十八年六月・命の言葉:徳川吉宗 梅雨の時期ヤッパリうまウマ手作りパンあれこれ ^^!

 
2016.7.5
 
平成二十八年七月
 
         命の言葉山本周五郎
 
                       竹下稲荷神社
 
 
イメージ 1

  「人の一生は曲り角だらけだ

 
小説『ながい坂』の中の台詞。
 初めて挫折した時、きっと落ち込むだろう。
  しかし気にする必要はない。
 
人の一生とは決して真っ直ぐなものではなく、
        そうした曲がり角の連続なのだから。
 

山本周五郎(やまもと しゅうごろう)

明治三十六年(1903)~昭和四十二年(1967)。
小説家。本名、清水三十六(さとむ)。小学校卒業後、銀座の山本周五郎商店へ奉公に出、そこで同人誌を書き始める。
庶民の人情を描き、また歴史小説にも優れた作品を残した。直木賞他全ての賞を辞退し、生涯一つとして賞を受けとることはなかった。
・・・
・・
間もなく七夕ですね
今年も沢山の願い事が、、
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
もう・・4:00頃には、薄明るく公園には 
元気な話声や笑顔が、、
 
あれ、、
こちらも笑顔が、、
イメージ 5
七夕会用の菓子パンなんですよ・・今年の干支 
イメージ 6
ひっくり返すと・・結構、手間がかかっているんですね 
イメージ 7
 
失敗作は、、朝食用ですw