中山道・木曽路ツーⅢ 福島宿・馬宿 秘伝くるまや蕎麦と桟跡など「木曽八景」 ^^!

前回
 
動画編
タイムライン
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
 
2016.9 13:10
R19:中山道の旧道を走るために
チョクチョク脇道に入り込む
イメージ 4
 
イメージ 5
さて・・お昼は、、木曽名物
木曽福島駅近くの行人橋交差点そばに本店がある
イメージ 6
 
江戸時代製粉業を営んでいた水車小屋が起源となっています。
明治時代には自家製のそば粉を使った手打ちそばが評判を呼び、
現在はそば屋だけのお店として営業しています。
そのため製粉業の時代から数えると創業300年を超えるお店
イメージ 7
 
挽き立てのそば粉で 打ち立てのそばを 茹で立て
 
 
イメージ 8
イメージ 40
 
14:10
イメージ 9
 
前回の「奈良井宿」では、(鍵の手)と称し

北海道ツー 10日目 東北あちこち寄り道 Ⅱ 秋田角館の味噌と醤油に一目惚れ ^^!

角館武家屋敷町内においては、

   「枡形」と称し城郭工法の応用が、用いられていた

イメージ 10
江戸時代の絵図をみると、
宿場町を通る街道は大きく折れ曲がっている
 
イメージ 41
上の段」の突き当りに
 
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
入り鉄砲と出女」は、4代関所の命題
イメージ 14
イメージ 15
イメージ 16
上ノ段集落、袖卯建や堅繁格子のある町家が数軒あり
薬屋や造り酒屋を営んでいる
イメージ 17
イメージ 18
 
福島関所まつり
天下の四大関所のひとつ、福島関所にちなんだお祭り。
山村代官江戸へ出向いた行列を再現した
山村家江戸出府行列」が練り歩き、
福島宿が江戸情緒一色に染まる一日
 
水無神例大祭(みこしまくり)
木曽の夏を盛り上げる「天下の奇祭」。
約400㎏ある白木の神輿を転がし、
一夜にして壊してしまうという勇壮なお祭りです。
御輿をタテに転がす「たてまくり」は、豪快で迫力満点
 
イメージ 19
イメージ 20
イメージ 21
谷に挟まれた町ならではの建築方法 
イメージ 22
 
断崖絶壁の要害の地

 木曽路の通る木曽川の東岸で関所の置かれていた場所は
 
急峻な尾根筋が東側から迫り、木曽川へは30mもの崖に
 
なっていて、通れる場所は20~30mほどしかなかった。
 
また、南側(京都側)からも北側(江戸側)からも坂の頂上に
 
当たるため、防御の砦や関所をおくには絶好の場所であった
 
イメージ 23
福島宿の面影はほとんど残っていないが、
何か力強さや太さを感じられた 
イメージ 24
 
町の南側には御嶽山遥拝所が何ヶ所かあり、
鳥居などがおかれている街道沿いの小高い丘もある
14:30
イメージ 25
イメージ 26
14:40
イメージ 27
 
 
イメージ 42
 
イメージ 28
 
高度差危険度で、この区間が 、木曽路一番の難所だった
今にも谷底に転落しかねない危険を背に旅
をした姿が、印象深く描かれている
非常に険しい街道であったことが覗える 
イメージ 29
昔は、険しい岩の間に丸太を組み、
藤づる等で結んでいた 
 
まるで、、の様だ
四国 徳島県三好市 剣山国定公園 祖谷 かずら橋 
  奥祖谷天空の村 案山子の里 二重かずら橋 野猿
正岡子規 からはしの記 」の一節
『 かけはしや  あぶない処に  山つつじ 
  桟や  水にととかず  五月雨
    むかしたれ 雲のゆききの あとつけて 
わたしてそめけん 木曽のからはし 』
イメージ 30
 
芭蕉が、貞享五年(1688)に、
更級紀行善光寺をした時に、詠まれた句
『  桟や いのちをからむ つたかづら  (はせを)  』
 
イメージ 31
 
断崖絶壁から落ちたり疲れて命を落とした馬も多かった
のだろう。 その馬や旅人を供養する碑や石仏
 
イメージ 43
近くには、塩渕という地名があるが、その昔、

「 疲れ果てた馬が、足を踏み外して川に転落し、
積み荷の塩を川渕に撒いてしまった 」 と伝えられる
 
イメージ 32
 
15:00
イメージ 33
中山道を訪れた文人歌人などの記録に残り、
今では国の名勝史跡天然記念物
イメージ 34
 
その壮大さは列車の車窓からも一望できます
イメージ 44
巨大な花崗岩の白と、川面のエメラルドグリーン
絶妙な色彩を醸し出してます 
イメージ 35
中央の大きな花崗岩の上には、浦島太郎弁財天像
残したといわれている浦島堂が建っています 
 
イメージ 36
 
イメージ 37
 
15:20
イメージ 38
 
イメージ 46
 
イメージ 45
 
イメージ 39
見所豊富な「木曽八景」・・先を急ぎます