中山道・木曽路ツーⅠ宿場巡り:日本一長い奈良井宿に(゚д゚)! ^^! ブログ&動画

前回
 
2016.4.9
 桜🌸 満開の時期に中山道宿場町を廻り巡った
  美しい日本の再発見に感動の連続を記します 
 
動画編
タイムライン
イメージ 1
イメージ 2
 
イメージ 3
イメージ 4
 
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
6:40
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
 
イメージ 14
イメージ 15
8:20
イメージ 16
 
10:55 休憩がてら給油・・・
イメージ 17
 
イメージ 18
 
イメージ 19
イメージ 20
イメージ 48
 
イメージ 21
木曾街道六拾九次 奈良井渓斎英画)
イメージ 22
11:30
イメージ 23
イメージ 24
イメージ 25
イメージ 26
 
イメージ 49
 
イメージ 27
奈良井宿は、妻籠宿と並ぶ木曾路でも栄えた宿場町
奈良井宿から藪原宿までは8km、徒歩約3時間半の道程
イメージ 28
奈良井宿は江戸側の板橋宿から数えても
京側の守山宿から数えても34番目に位置する、
中山道の丁度真ん中の宿場町
イメージ 29
杉玉を掲げた酒屋軒灯りの旅籠千本格子の家々が軒を連ねる
イメージ 30
「鍵の手は下町の桝形と同様のもの
イメージ 31
東側を北に向かって流れる奈良井川日本海側河川)と、西側を南に向かって流れる木曽川太平洋側河川
イメージ 32
鳥居峠は、長野県塩尻市奈良井木曽郡木祖村
藪原を結ぶ標高は1,197m。
峠山の標高は約1,415.7m、中山道の難所であった
イメージ 33
古くは吉蘇路(きそじ)「県坂」(あがたざか)中世には
ならい坂」「薮原峠」と呼ばれた。国境に位置している。
イメージ 34
甲州征伐における織田木曾義昌武田勝頼の戦いで
命を落とした武田方の兵士500人を埋葬したという
葬沢」なる沢もある。木曾義元御嶽山
戦勝祈願のため、峠に鳥居を建てて以来、
鳥居峠と呼ばれるようになった
イメージ 35
伝統的建造物が建ち並ぶ地区の中でも
 特にその価値が高いとして国が選定した地区なのだ 
イメージ 36
 
イメージ 50
入口にはめられた大戸、そして日常の出入りにつかうくぐり戸、
入口の横のしとみ戸、二階の手すりの真黒くすすけて落ち着いた
格子、その両脇につけられた白漆喰の袖うだつ、各部にさりげなく
そえられた彫物、これらはすべて奈良井に残された宿場の建築
 
イメージ 37
イメージ 38
江戸時代から曲げ物漆器などの
木工業が盛んで、旅の土産物として人気がある
イメージ 39
イメージ 40
 
イメージ 41
天保14年1843年)の『中山道宿村大概帳』によれば、
奈良井宿の宿内家数は409軒、うち本陣1軒
脇本陣1軒旅籠5軒で宿内人口は2,155人であったそうな
イメージ 42
イメージ 43
イメージ 44
 
イメージ 45
 
イメージ 46
・・8mmのノスタルジックな再生画像が、お好きで、手放せないと 
ただ、フィルム入手が、困難だそうです 
イメージ 47