読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平成二十八年二月・命の言葉:明治天皇・おもしろ節分風景 ^^! ブログ

前回
 
平成二十八年二月 命の言葉明治天皇
 
イメージ 1

 目に見えぬ 神に向かいて 

   恥ざるは 人の心の 

    まことなりけり

 
 
   目に見えない神様に対して
     恥じることのない心境こそ、
      人のうそ偽りない「誠の心」である
 

明治天皇(めいじてんのう)

嘉永五年(1852)~明治四十五年(1912)。
第百二十二代天皇
近代日本の指導者として、立憲政治の確立、産業の発展
国民教育の普及・文化の向上等に尽くされ、新しい日本の
姿を示された。また、和歌を好まれ、九万三千首の御製を
お詠みになられた。
 
神社は心のふるさと 未来に受け継ごう
      「美しい国ぶり
 
キンカンの実のなる季節 
  御参拝の皆様に実り多きことを祈ります
 
                 東京都神社庁
 
今日は「節分」・・明日は、「立春
近くの井草八幡宮では、恒例の節分祭豆まき式が、
行われる。今年も大臣になった石原伸晃夫人が、
 
地元の名士たちと共に豆をまくのだろうか。
 
 
家内によると子供達がまだ小学生の頃は、豆と一緒に
 
この様な「おめでたい小さなオモチャ」が、
 
撒かれていたそうだ 
 
 
イメージ 2
 
イメージ 3
は、自分のスカートの前を広げて一生懸命に
投げられて飛んでくるオモチャを集めていたそうだ 
そんな親娘で、何やら朝から作っていたと思ったら 
イメージ 4
どうやらバレンタインの予行練習か 
イメージ 5
試食係に回ってきた 
イメージ 6
形が、、意味深だけど
イメージ 7
クッキーらしい
イメージ 8
巷では、流行っているそうな 
イメージ 9
中は、半透明な飴を伸ばして作り込んでいるそうだ 
イメージ 10
まぁ 今回が、初めての試みで、失敗作が多い 
イメージ 11
おやつ代わりに・・と
イメージ 12
 
今日は、「節分」なので、「恵方巻」かと思いきや
 
我が家では、作った覚えがない。
 
今夜は、豆まき
 
季節の変わり目には邪気)が生じると考えられており
 
それを追い払うための悪霊ばらい行事が執り行われる
 
 
続日本紀慶雲三年十二月の条によると706年
 
この追儀が始まったようだ 
 
 
昔は、あったような うろ覚えの・・
 
節分当日の夕暮れの枝にの頭を刺したもの
 
柊鰯)を戸口に立てているお宅もあったような 
 
 
は、「穀物には生命力魔除けの呪力が備わっている」
 
という信仰、または語呂合わせで「魔目(豆・まめ)」を
 
鬼の目に投げつけて鬼を滅する「魔滅」に通じ、
 
鬼に豆をぶつけることにより、邪気を追い払い
 
一年の無病息災を願うという意味合いがある 
 
イメージ 13
 
通常、使用する豆は、お祓いを行った炒った大豆炒り豆
 
であるが、北海道東北北陸南九州の家庭では 落花生
 
を撒くらしいが、我が家でも近年、合理性から落花生にした
 
ので、あとかたずけが楽だし犬達が,拾い食べて 
 
翌日大変な事態も無くなった 
 
掛け声は通常「鬼は外福は内」であるが、此れも地方に
 
よっては、鬼は内」と云っている所もあるそうだ。
 
 
PS:突然話は変わりますが、
 
我が家の犬達もいよいよ雑誌の表題に・・・
 
イメージ 14
から・・「どう 凄いでしょう」  と  
イメージ 15
 
 
        おぉ・・・
 
 
        ・・・でも 2月号??
 
 
すっかり騙されました 
 
こんなに上手に作り上げる簡単アプリが、あるそうで
 
   なぁ~んだぁ
 
4/1のエイプリルフールじゃあるまいし
 
でも、、よくできているなぁ