読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

また来年も宜しくです^^! 晩秋の栃木探訪ツー 400年の産業遺産・足尾銅山  小滝坑エリアでラーメン&コーヒー パート 3 ^^! ブログ&動画

前回
 
2015.11.12 
 
小滝の里で、クマに怯えながらの 
 
  グッドティストラーツコーヒー 
 
 
 
動画版
 
 
タイムライン13:00
 
小滝エリア:向かって左側
 
イメージ 1
 
県道293号線に入ると、道幅が狭い
 
イメージ 2
 
小滝地区携帯電波圏外  
 
このルートの両サイドには、沢山の足尾銅山の遺構が残る
 
最盛期には、なんと1万人余りの方々が、生活していたという
イメージ 3
 
此処にためた水で最大出力10,000Kw足尾発電所で発電していた
 
 
此処の公園は、鉱山関係施設が、撤去された跡地
イメージ 4
 
イメージ 5
 
この先の道脇の高台にあった
 
小滝小学校は、古河鉱業私立小学校として
明治26年に開校し、大正時代には、児童数1,000人を超えるマンモス校となりました。鉱区の閉鎖に伴う閉村により、昭和31年に廃校となっています
イメージ 6
 
イメージ 7
 
山の斜面に張り付くように構造物が残っている
 
イメージ 8
 
この上に「青葉寮」という社宅があったそうな
 
イメージ 9
 
選鉱所製錬所、後年には集会所などが造られました。
 
まさに、小滝地区の中心部といえる場所です
 
イメージ 10
 
足尾の中でも、小滝地区は、特に地元の団結力が強い
 
集落が無くなった今でも定期交流が行われているそうです 
 
イメージ 11
 
全く人気の無い公園の吾妻屋で、、
イメージ 12
そんな寒さではないのだが、やはり火の気は、有り難い 
イメージ 13
ラーツーの醍醐味ですね・・
イメージ 14
+コンビニおにぎり&レギュラーコーヒー 
イメージ 15
 
今年の北海道ツーで、
 
 
この時のラーメンは、最高に美味かった 
 
 
 
 
市街地へのアクセスが悪く、広い土地も確保できない
 
小滝では、大規模な施設を造ることができなかったため
 
古河鉱業は、徐々に通洞へ投資を集中させていった
 
イメージ 16
せいぜい3~4人用の湯舟だ
イメージ 17
その少し先に小滝坑口がある
イメージ 18
イメージ 19
イメージ 20
近くには、江戸時代から掘られていた旧小滝口もある
イメージ 21

それまで下駄屋が一軒あるばかりの小滝に、大正年間に

は約1万人の鉱山関係者が暮らしたというが、昭和29年

(1954)、鉱山の合理化に伴い、小滝坑閉山を待たずに

廃止されることとなった

 
イメージ 22

橋の横には小滝坑の坑口が今でも残っている。通洞坑

同様に、周囲にコンクリートで作られた円柱状の構造は、
かつては木製だったが、その形を残して作り替えられている

 

像岩の大曲下に小さな滝がありますが、この滝を「小滝の小滝

地名の由来となった滝だそうです
 
銀山平その名の通り、が産出したことに依るそうです
イメージ 23
 
製材所が設けられ、足尾銅山資材供給の基地として
 
機能していました。最盛期には、東洋一と言われ
 
周囲には140戸の社宅が建ち並んだといいます。
 
イメージ 24
 
しかし、木材の供給元になっていた利山森林資源
 
限界に達したため小滝坑の閉坑よりもっと前の
 
昭和14年あっけなく閉鎖され、
 
索道や建物はほぼ全て撤去されたそうです 
 
イメージ 25
 
かめむら別館神社
イメージ 26
 
その先には、銀山平キャンプ場
イメージ 27
 
グルット一回り
イメージ 28
 
夏などに家族連れで、いいところ
チョイト高めかな 
 
イメージ 29
 
奇岩怪石信仰の山庚申山
イメージ 30
 

かじか荘 

信仰の山庚申山麓に湧く温泉 豊かな自然を感じながら
 
味わう天然温泉山の幸 
 
 
イメージ 31

 

足尾温泉庚申の湯

毎分190リットルが湧出し、お湯につかると肌が
 
つるつるすることから、別名「美肌の湯」ともよばれ
 
四季折々の風景を楽しめる露天風呂
 
魅力の温泉です。低温サウナもあります。
 
イメージ 32
 
前々回の

晩秋の栃木探訪ツー 400年の産業遺産・足尾銅山 パート 1 ^^!

で、引き返さなければ、通行止めの先に出る筈だったが、

イメージ 33
 
イメージ 34
 
ノンんが、さっき見損なったのでと
小滝橋で、停車 
イメージ 35
イメージ 36
イメージ 37
イメージ 38
 
イメージ 39
 
連なる石積は、大規模で広範囲に続く
イメージ 40
 
小滝坑有木坑(本山坑)はもともと江戸時代から採掘されて
いた坑道で、明治以降に拡張され、貫通した坑道の
真ん中に通洞からの坑道が連結し、主要の坑道は
おおよそTの字の様な構造だった。

その中心にあるのが備前楯山という凛とした名前の山。
足尾は周囲を沢山の山に囲まれているが、

銅を採掘できるのはこの山だけだった。
 
イメージ 41
イメージ 42
 
イメージ 43
 
イメージ 44
 
イメージ 45
 
イメージ 46
 
イメージ 47
 
イメージ 48
さてあ 足尾の散策もこれで切り上げて
 
最後にノンさんお薦めの富弘美術館は、時間の関係上
 
次回として
 
  大滝で、コーヒータイムを・・・ 
 
 
さて・・此れにて今年の書き納め
       お付き合い有難うございました。
 
来年も沢山の方々と交流ができることを楽しみにしております。
 
 皆様にとって来年が、
      きっと素晴らしい年でありますように
              御祈念を申し上げております。
 
   どうぞ 良いお年をお迎えください。   
 
      御礼とさせていただきます。