読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

師走散歩  復活「月の松」から覗く現世かな ^^! 6 ブログ

前回
 
不忍池を渡ってくると
     真正面の高台に見えてくるのが、
 
天台宗 東叡山 寛永寺 水観音堂
 
イメージ 1
 
今回は、残すところ半月だったけど
昨年は、1週間前だったね 
イメージ 4
   
今年も相変わらず新年を迎える準備は、早いね   
 
イメージ 2
 
天海大僧正寛永二年に、二代将軍徳川秀忠から
 
寄進されていた上野忍が岡平安京比叡山の関係に
 
倣って「東叡山寛永寺」を開きました。
 
イメージ 3
 
江戸時代浮世絵師歌川広重の代表作の一つで
 
連作の「名所江戸百景」で描かれた「月の松」が
 
約百五十年ぶりに、復活たのでした 
 
イメージ 5
江戸時代 ☟                昨年 
2015.12.14 現在 
イメージ 6
 
比叡山京都御所鬼門守護王城鎮護を担うと
 
伝えられるのに倣い、江戸城鬼門の守り。
 
比叡山京都の有名寺院になぞらえた堂舎
 
次々と建立した中の一つが水観音堂です。
 
お寺ですので、お参りは合掌をしてお祈りします 
 
イメージ 7
 
【秋色桜】 
 
 江戸時代上野といえば、
 
必ず名前があがったのが、「秋色(しゅうしき)桜
 
 「秋色」というのは、人の名前(正しくは俳号)で、
 
しかも女性です。

 元禄の頃、日本橋小網町菓子屋お秋が、
 
9歳宝井其角の門に入り、俳号を菊号亭秋色と号し
 
この俳句を詠んだ当時、
 
お秋13歳だったと伝えられています。
 
花見客で賑わう井戸端の様子を詠んだ
 
次の句によって名所になりました。

 「井戸端あぶなし酒の酔  
 
イメージ 8
 

現在のは樹齢40年程度の若木で、1978年に植え
 
接がれたもので9代目位であると言われています。
 
イメージ 9
 
もう少し先の年末年始初詣にも、
大変に多くの参拝者で、いっぱいになります。
 
イメージ 10
 
真っ赤な紅葉ももう終わりです・・・と 
 
イメージ 11
 
向いには、もうピンク可愛らしい花をつけて
健気に咲いている 
 
こんな姿を見ると・・ホッとしますね 
イメージ 12
 
イメージ 13
イメージ 14
 
此の公園の何処かのミュージアムでは、
何かしらの展示が、行われている 
 
イメージ 15
 
公園内をぶらついていると今回は、
美の競艶
この浮世絵を見て行こうと・・
 
イメージ 16
 
   肉筆浮世絵・・・かぁ
 
       楽しみだなぁ・・
イメージ 17
 
 
 
 
ドギャ~ン 
 
 
 
、、、××××△△△△△
 
 
 
 
/、。・×△ 
 
 
 
ュ~~ド----ン
 
 
 
なんと:休館 
 
 
トホホ・・・
 
 
またの機会まで、、お預けです 
 
イメージ 25
イメージ 18
 
 
イメージ 19
イメージ 20
 
いいな・・このアングル 
 
古の切な暮れ行く師走空
 
                ナンチャッテネ 
イメージ 21
 
まぁ、何度訪れても必ず発見があるね
イメージ 22
イメージ 23
 
イメージ 24
そうそう、、12月といえば🎄Xmasもね・・
イメージ 26
  もう少し師走の風景を探しますか・・・