読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北海道ツー 7日目 雨の阿寒湖&オンネトーの女神 ^^! ブログ&動画

前回
 
2015.7.25
11:30
 
北海道の味覚に舌鼓を打ちました。
 
動画版
 
 
タイムライン
 
 
釧路湿原等も寄りたかったのだが
 
イメージ 1
イメージ 2
 
 生憎の雨模様なので、先を急ぐ事に 
 
イメージ 3
15:45
阿寒湖に到着するも・・雨が、
イメージ 4
此処での観光は、、
イメージ 5
 
東京から売りに来ているという手造りアクセサリーの青年が、
北海道の魅力を熱く語ってくれた 
イメージ 6
この雨と霧では、観光客もまばらだ 
イメージ 7
イメージ 8
まぁ・・何度か来ているし観光船にも乗っている 
イメージ 9
 晴れる予定らしいが、、
イメージ 10
 
年平均気温はわずか3.7度非常に寒冷地
 
イメージ 11
 
1月と2月の平均最低気温は-17度を下回る 
 
イメージ 12
 
前面氷結した氷面に湧壺と呼ばれる
 
イメージ 13
 
湖底に湧く温泉水が上昇して作る 
 
イメージ 14
 
目の前には、雌阿寒岳・現在も活動中活火山
 
イメージ 15
 
16:30
さぁて‥ノンさんお薦め処 
    オンネトー
 
アイヌ語で「年老いた沼」・「大きな沼
 
     ・・・なんか我々にぴったりだなぁ・・
 
イメージ 16
 
オコタンペ湖東雲湖とともに北海道三大秘湖の一つ
 
イメージ 17
 
オジサンは、若い娘にとても親切なんです 
 
イメージ 18
 
札幌から来た女子大生・・可愛い 
 
イメージ 19
 
湖畔には散策路が設けられ、国設野営場もある
 
イメージ 20
 
野営場雌阿寒温泉は、
 
雌阿寒岳の登山口となっている
 
イメージ 21
 
 
 
イメージ 22
 
堰止湖で、湖水は酸性魚類は棲めない・・が、
 

  面白い>>歴史 

1953年頃、辺りにはマンガン鉱山があり3500トンの
マンガン鉱石が採掘された。北海道大学の針谷教授が
形成中の鉱床であることに気づいた。1989年学術調査
が行われ、温泉水から微生物(糸状藻類とマンガン酸化細
)がマンガン鉱物を生成する「生きている鉱床」である
ことそれは陸上においては「世界唯一の場所」であること
分かった。マンガン鉱物の析出は数千年前から継続し
ていると考えられ、近年では年間1トン程度の生成
1992年には、万国地質学会議の出席者らによる視察、
1995には、日独共同研究講演会が行われた。
翌年、滝の近くに小屋などが設置された。
 
生成」として国から天然記念物の指定
(文部省告示 第144号)を受けた。
1985年ごろより人為的に池にナイルティラピア放流された。その後もグッピーなどの熱帯性淡水魚が放流
され、それらの魚が越冬して繁殖して・・
 
藻類を食べつくしてしまい、マンガンの生成量が減少し
しまうことが問題視されるようになる。1999年より
ポンプで池の水を排水して数千匹の外来魚を駆除するなど
大掛かりな対策が毎年実施されているが、熱帯魚を根絶す
るに至っていない。2010年には環境省職員らがテラピア
1800匹 グッピー7500匹を捕獲している・・・だって 
 
イメージ 23
 
こんな話もとても興味深いね 
 
オンネトー湯の滝は、オンネトー
南東方向にある2つのである。天然記念物
 
落差30メートル、標高800メートル、分岐瀑、地質は
雌阿寒岳火山の安山岩溶岩、第4紀更新世
 
雌阿寒岳と阿寒富士の西麓のアカエゾマツ林内に位置し
雌阿寒岳由来の温泉水(水温43度、pH6、Mn2+を3.05
ppm含む)が湧き出て、高さ20mほどの2条の滝となって
安山岩溶岩の崖を流れ落ちている
 
かつては滝上の池が天然の露天風呂として利用されたが
微生物によって酸化マンガンを生成する現象が発見され
保護のため入浴禁止となった。無料の露天風呂が別に
作られたが、それも入浴禁止となった・・そうな 
 
 
イメージ 24
 
 
イメージ 25
 
見る時間や季節によって湖面の色が変化する「五色沼
 
イメージ 26
景観は、こんなだけど・・
イメージ 27
女神が、降臨したからね 
イメージ 28
 
こんな美味しいコーヒーも格別ですなぁ 
 
イメージ 29
 
イメージ 30
 
 
 北海道三大秘湖、 5色の湖「オンネトー」の魅力に迫る
おっと・・・夕刻になって来たので、  今夜の宿・・ラワンへ急ごう