北海道ツー 7日目 ありがとう納沙布岬から落石駅へ ^^! ブログ&動画

前回
 
2015.7.25
7:00
早朝の風景は、今も続いているが、
 後ろ髪を引かれる思いで
  出立の支度をしなくてはならない
 
万感の思いが込上げてくる思いがする 
 
イメージ 2
 
6:00から一気に昆布を刈り取り港に大急ぎで
帰ってくる漁船たち
 
イメージ 3
 
陸揚げされた昆布を水洗いして
干し上げていく
漁師たちは、早々に昆布を刈に漁場へと
引き返す その繰り返しを
既定の12:00迄 全速力で行き来する
1日6時間1か月余りの漁期に集中する
 
イメージ 1
 
鈴木食堂の朝食は、ごく普通
 
イメージ 12
 
しかし台所わきでは,オヤジが、今朝獲れた
花咲ガニを生きたままに冷凍庫に投げ入れている
 
イメージ 4
 
この一杯が、花咲みそ汁にマルマル入れられる
見難いが、ごそごそとカニたちが、うごめいている
 
イメージ 13
 
韓国で、流行っているのか聞くのを忘れたが
チョッパー型のハンドルにして自慢のバイク
祖国では、ツーリングするような所は無いと
やはり北海道は、人気スポットだそうだ
 
イメージ 5
 
いつも微笑んでいて
カトコトの会話が、嬉しいそうだ
 
イメージ 6
 
昨晩も安眠セットで熟睡でした 
 
イメージ 7
 
この地での深い思いは、忘れることは無いだろう
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
イメージ 10
 
さて本日のルート
チョイト雲が重たく先行き不安定な天気 
厚岸から一気に内陸に入り込む予定だ
イメージ 28
動画版
 
イメージ 11
先ずは、落石駅(おちいしえき)
 
イメージ 14
 
 
 
イメージ 15
 
無人駅
 
次の駅名が「昆布盛」駅  ☜いいなぁ
 
イメージ 16
 
アイヌ語の「オク・チン(山の尾根のくぼみ)」
 
由来する。「山の尾根のくぼみ」とは、
 
落石岬が本土につながる所のくぼみのこと
 
イメージ 17
 
撮影をしていたら突然に列車が、、、
 
イメージ 18
 
僅か一両編成のワンマン釧路行
 
イメージ 19
 
2~3人の乗客がいたようだが、、
 
イメージ 20
開業年月日
1920年大正9年)
11月10日
イメージ 21
電報略号
オシ←ヲシ
イメージ 22
 
こんなローカル線の旅にも憧れるなぁ
 
イメージ 23
 
貨物取扱い廃止に伴い
ストックヤードには貨物がない
 
イメージ 24
 
なんとなく その後ろ姿が、もの寂しそうである
 
イメージ 25
 
1日・上下8本づつの運行だ
 
イメージ 26
 
1979年(昭和54年)7月15日 - 貨物扱い廃止
 
1992年(平成4年)4月1日 - 完全無人化
 
イメージ 27
 
北海道には多くの廃線が見られるが、
「駅」其々に様々な背景と歴史を刻んできている
訪ね歩くのも多くの感慨を得ることのできるだと思う
 
 
さぁ・・・霧多布岬へ向けてスタートだ
 
 
   続きます・・