読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北海道ツー 5日目 さすが・世界の知床自然遺産に立ちすくむ ^^! ブログ&動画

前回
 
 
2015.7.23
 
16:00
 知床横断道路 からR93を
 
    知床五湖パークサービスセンター
 
 
16:30
知床世界自然遺産は、10周年記念の年 
 
 
イメージ 1
北海道斜里町にある(秘湖、沼)である。
 
五湖とあり、一湖から五湖までの名前がついている。
 
ただし、湿地帯にあるため融雪期には数が増える。
 
 
イメージ 2
知床八景の一つに数えられる観光地として、一湖を見下ろす
 
展望台や湖を巡る遊歩道が整備されている。知床連山
 
原生林を水面に映す素晴らしい風景は、訪れる観光客の
 
心をとらえて放さない。
 
 
駐車場は、乗用車:410円 バイク:無料
 
イメージ 3
遊歩道では、エゾリスエゾシカなどが観察される一方、
 
ヒグマが目撃されることもあり(後述)注意を要する。
 
ヒグマの出没状況によっては、遊歩道の一部または全部が
 
閉鎖される場合がある。また、夜間と冬期は閉鎖される。
 
イメージ 4
2011年5月10日より度から遊歩道の入場制限、利用者の
 
事前レクチャーの義務付け、有料化等「利用調整地区制度
 
が、導入されている
 
イメージ 5
周辺の植生は、エゾマツトドマツが主であるが、近年
 
頭数が激増したシカの食害のため天然更新が滞り、
 
全体的な衰退傾向が危惧されている
イメージ 6

5月10日~7月31日 <ヒグマ活動期>

ヒグマに対する対応技術を持った、登録引率者によるツアーへ参加
することで、地上遊歩道を楽しむことができます。事前に
ガイドツアーへの申し込みが必要となります。
ルート:
5湖→4湖→3湖→2湖(1湖へは行きません)
時間:
約2時間45分
予約:
必要
申し込み手続き:
不要(登録引率者が代行してくれます)
料金:
大人一人4500〜5500円
(立入認定手数料(大人500円、子供250円)+引率者のガイド料)
 
イメージ 7
コケモモを使ったソフトクリームなどが名物となっている 
 
イメージ 8
今回は、これ・・
 
イメージ 9
開園中は、手続きを必要とせず無料で誰でも自由に散策OK
 
高架木道脇には電線が張られていて、ヒグマがあがって
 
これないようになっていますので、安心して楽しむことが
 
できます。また、バリアフリー対応ですので、車いすでの
 
利用も可能です。
 
イメージ 10
高架木道全長は800m(往復約40分)で、
 
展望台が3つあり、最終地点湖畔展望台までいくと、
 
1湖の湖畔に出られます
 
イメージ 12
ここからはに映る知床連山の雄大な景色を楽しめます
 
イメージ 11
高架木道から地上遊歩道へ降りることはできません。

ヒグマの出没によって、ルートが変更・閉鎖される
 
イメージ 13
知床世界的に見ても、ヒグマ生息密度が非常に高い地域
 
知床五湖には年間約50万人もの方が訪れています。
 
お盆の時期シルバーウィークには、知床五湖の遊歩道内で
 
渋滞が起きるなど、知床の自然をゆっくりと楽しむことが
 
できずにいました。
 
イメージ 14
平成17年から、地上遊歩道とは別に、高架木道
 
作られ始め、平成22年には1湖畔までの全長800m
 
開通しました。高架木道脇には電気柵が設置されており
 
ヒグマの影響を受けることなく、安全に知床の雄大な
 
自然を楽しむことができます。
 
イメージ 15
ヒグマ活動期1日最大300人迄とし
 
ガイドツアー申し込みおよびガイド同行入域条件だ!
 
イメージ 16
暫し・・雄大な自然に抱かれて観ようか、
 
イメージ 17
イメージ 18
イメージ 19
イメージ 20
1湖が観えてきました・・
 
イメージ 21
イメージ 22
イメージ 23
イメージ 24
イメージ 25
イメージ 26
イメージ 27
イメージ 28
こんな大自然の営みが、この広大な原野に繰り広げられる
ちっぽけな人間の悩みや妬み悔みなど
殆ど取るに足らないものとだと思い知らされる
イメージ 29
まるで、風林火山を彷彿とさせる
 
疾如風徐如林侵掠如火不動如山
 
 
 疾(と)きこと風の如く、
 
  徐(しず)かなること林の如し、
 
   侵掠(しんりゃく)すること火の如く、
 
    動かざること山の如し
 
 
 
オホーツク海からのこの吹き上がるは、
 
 
もはや 
 
 人類では、とても阻止することはできない
 
  大自然が、もたらす様相である
 
イメージ 30
 
 この様な大自然の見事さは、喩え様のない絶景だ
 
以前にご紹介した
 
以来の
 
自然の脅威をまざまざと魅せつけられた思いがした。
 
 此れが、知床世界自然遺産の極一部なのだ。
 
  圧倒的な魅力を垣間観たような気がする 
 
 
次回は、
 アチャア知床峠襲い掛かる霧の逆襲かぁ、
 
 
  続きます・・・