読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北海道ツー 5日目 観たぞ・屈斜路湖&裏摩周湖の中島 ^^! ブログ&動画

・気の向くままに!編集

全体表示

[ リスト ]

 
前回
 
 
2015.7.23
 
11:40
暫く美幌峠の絶景が、観れないことに落胆していた 
 
低く垂れこめた鉛色のによって覆い尽くされて 
 
だだっ広い ただの高原 草原にしか観えない事に
 
  足取りも重たい 
 
 
道の駅ぐるっとパノラマ美幌峠 にも寄ってみよう・・
 
 
・・なんて気も起らないし写真にもならない 
 
 
まぁ・・雨が落ちてこないことを願いつつ 
 
早々に駐車場を後にする
 
             ・・・
 
 
 いゃ・・・魅せてくれましたね 
 
   が、薄らいで、が、上がると 
 
     この素晴らしい景観が、見えてきた 
 
イメージ 1
R243 パイロット国道を下り始めると眼下に広がる此の風景
 
イメージ 2
屈斜路湖に浮かぶ「中島」もはっきりと
 
 
イメージ 3
美幌峠弟子屈側はカーブが多く気象条件によって走行環境が
 
著しく悪化するため、峠の頂上部から11.2km特殊通行規制
 
区間交通規制)となっている
 
 
 
 
小休止を兼ねて
 
屈斜路湖に突き出た半島「和琴半島
 
道北にあるクッチャロ湖とは、呼び名が似ていることから
 
混同されがちであるが、全くの別物である。
 
語源は同じアイヌ語kut-char(沼の水が流れ出る口)
 
イメージ 4
和琴温泉(わことおんせん)は、北海道川上郡弟子屈町
 
ある温泉で、屈斜路湖南側の和琴半島に位置する
 
 
 
カヌーでの散策は、道内・沢山のが、
 
あちこちにあって 巡り歩いても楽しいだろうな 
 
イメージ 5
和琴半島付け根に24時間入浴可能な無料露天風呂がある。
 
近隣にはキャンプ場が2か所あり、夏は家族連れキャン
 
パーウォータースポーツ関係の人たちで賑わうそうだ。
 
 
此のワンちゃんも一緒にカヌーに乗るそうだ 
 
イメージ 6
共同浴場からさらに5分ほど歩いた湖岸脇に、
 
     通称「月の湯」という野湯あるそうだ。
 
イメージ 7
和琴半島先端オヤコツ地獄近辺では100℃近い熱湯が
湧き出しており、湖水と調整して野湯を楽しむ事も・・
 
近隣には、民間宿泊施設として三香温泉もある
 
12:00
 
  さぁ・・ 「摩周湖に向かおう 
 
しかし、歌のもあるように「霧の摩周湖
 
  今日の様な曇天では、濃霧かもね 
 
 
  今回は、「裏摩周」へ登るのだ 
 
 
裏摩周展望台  斜里郡清里町国有林
 
神秘の湖として世界的に知られている摩周湖
北緯 43.6003
43°36’01”04
東経 144.5707
144°34’14”62
イメージ 8
 
弟子屈側展望台より標高が低い位置にあるので、
 
霧の摩周湖」の霧のない湖面を見るには適した
 
  特徴ある絶景スポット
イメージ 9
 
 閉鎖湖
 
摩周湖カルデラですが、注ぎ込む川も流れ出る川も
ないのに水位が変わらない、不思議な湖です 
 
もともとは魚類が生息せず、エゾサンショウウオのみが生息
ていたが、1926年(大正15年)に道立水産ふ化場が
ニジマス採卵・ふ化事業を開始して以来、ニジマス
ヒメマスエゾウグイスジエビが放流され、その後
自然繁殖繰り返していることが確認されている。
なお、これらの魚種はいずれも餌の少なさから体長は小さい
イメージ 10
 
摩周湖は、日本の湖透明度ランキングで堂々の第一位
 
透明度
19.0 m

世界ではバイカル湖についで2番目に透明度の高い湖
 
急激に深くなっていることとその透明度から以外の光の
 
反射が少なく、よく晴れた日の湖面の色は「摩周ブルー
 
イメージ 11
 
養老牛温泉からクルマで20分の摩周湖は、弟子屈側とは
 
趣が異なり、どこから見ても名湖であることを確認出来る。
 
イメージ 12
 
原生林に囲まれた鮮やかなシルエットを描く摩周湖に出会う
 
ことができ、その神秘さに心奪われる 
イメージ 13
 
摩周湖には展望台が3つあり、西側第一展望台
 
第三展望台、そして北東側裏摩周展望台がある
 
イメージ 14
 
スタンダードな西側からは、何度か見学したことが、あるが、
 
こちらは遥かに小さな施設で、落ち着いた風情が、鑑賞できる
 
イメージ 15
 
の中央に断崖の小島カムイシュ島がある。
 
周囲は海抜600m前後の切り立ったカルデラ
 
南東端に「カムイヌプリ(神の山)」
 
摩周岳標高857m)が、そびえて立っている。
 
イメージ 16
アイヌ語では、キンタン・カムイ・トー(山の神の湖)
 
摩周という名の由来は「カムイシュ」(神老婆)や
 
マシ・ウン・トー」(カモメの湖)など諸説あるが不明
 
(なお摩周湖にカモメは生息していない)
 
イメージ 17
 
 こんな呼び名もあるそうだが、
 
湖沼型
極貧栄養湖
イメージ 18
 
なんだか、、寂しそうに立っている看板が、
 
沢山の訪れる人々を待ち焦がれているようだった 
 
イメージ 19
 
 「摩周湖に浮かぶ小さな島アイヌ伝説」
 
宗谷コタンアイヌの集落)同士がイヨマンテ(熊祭)の夜に争
い、一方のコタンは敗れほとんどが殺されてしまう。
敗れたコタンの老婆とそのは命からがら逃げるが、逃げる道中で
がはぐれてしまう。老婆を探しながらさまようが見つからず、
カムイトー摩周湖)付近までたどり着く。老婆カムイヌプリ
摩周岳)に一夜の休息を請い、許される。
 が、悲嘆にくれ疲労困憊した老婆
そこから動けず来る日も来る日もそこでを待ち続け、とうとう
カムイシュ島になってしまった。
いまでも、摩周湖に誰かが近付くと老婆が現れたかと喜び、
うれし涙を流す。
 
    このでありであり吹雪なのである
 
 
 
 さて、あの「神様からの贈り物」へ向かおう 
 
 
続きます・・・