北海道ツー 3日目 えぇ・利尻島に泳いで渡った熊がいるって  オロロンライン最終区間 ^^! ブログ&動画

前回
 
2015.7.21
 
18:20
 
再び、オロロンラインへ戻り今夜の宿泊先 
 
      稚内へと暗くなる前に着きたいと急ぐ 
 
 
また、風呂無し食事に事欠くようでは、
                  困るからなぁ・・と 
 
 
利尻水道を挟み利尻富士が、
 
 
 
    「・よく来たな・」  
 
 
とでも言っているように
 
   微笑んでいるかのようにも見えてくる 
 
 
 
 
此れで、見納めかと思うと立ち停まってしまう程の
 
 
   何か・とても寂しく・愛おしさがある 
 
 
まぁ・・風呂や食事も無ければ無いで、、、いいかぁ 
 
 
  と・・この景観を目に・心に焼き付けておきたい・・
 
 
先のことも気にせず・・駐車して眺める事に 
 
 
イメージ 1
此処のこの 空気、 全てが、、
 
 
なかなかこの景観は、
 
   誠に残念ながら写真では 伝わらないですね・・
 
イメージ 2
百葉箱かと思ったら 中には、小さな神社が、
 
 
利尻水道
 
 宗谷支庁西岸利尻島の間にあり、海峡最狭部
 
約19キロメートル、中央部の水深は30~70メートル台である
 
水道内では北東方に流れる海流があり、夏季には流れの
 
勢いが強く、1~1.5ノットに達するが、特に南西風が
 
強い時には流れの勢いが強い
 
行き来する船の航海や漁の安全を祈願するものか・
 
イメージ 3
するとこんな・・・
 
イメージ 4
えぇ・・10時間近くかかって泳いで横断したんだ 
 
イメージ 5
しかし、、、一方では、こんな話もあるそうな 
 
 
実は、小生も45~6年ほど前・高校生の頃に合宿の一環で、
 
熱海---初島横断遊泳をした経験がありますが、この水道の
 
潮流の一番、早い時期での横断は、
相当にキツカッタと容易に想像ができる
 
今でも行われているんだぁ・・
 
 
 
19キロは結構あるね
イメージ 6
何回目かのノンさんも満足な表情ですね 
 
イメージ 7
稚内まで、あと20Kmだ・・
 
イメージ 8
また今度、来させてもらいますそれまで、ご機嫌よう 
 
イメージ 9
名残惜しいオロロンラインも今回は、此れで走り納めだ 
 
いよいよ最北端駅・遠くに稚内半島が、見えてきた
 
 
続きます・・