北海道ツー 3日目 絶景だ・オロロンライン&利尻富士・オトンルイ巨大な風車群^^!

前回
 
 
楽しかった大人の遊園地・・トロッコ王国 
 
ユックリもできないので、 
   R40 宗谷本線天塩川に沿って北上する
 
雄大な景観の中 オロロンラインに向けて快適に進む
 
途中の「道の駅 てしお」で、小休止をしたのちに
天塩町を抜け いよいよ絶景のオロロンラインに出る 

愛称の由来は、

天売島に住むオロロンウミガラスの別名)にちなんだもので、
 
 
R106 オロロンラインも天塩川を渡ると
             最北の日本海沿岸沿いだ 
 
遠く利尻島 地名語源は、アイヌ語リー・シリ高い島
 
島の大部分は利尻礼文サロベツ国立公園に指定されている。
 
日本海にぽっかりと島のシンボル 
 
 美しいその姿は、日本海に浮かぶ富士山そのものだ 
 
 
    花の百名山に選定されている。
 
さらに・北には礼文水道を挟み礼文島が浮かぶ。
 
 
17:15 サロベツ原野駐車公園
 
ここ幌延町のキャッチフレーズは「北緯45度の風が吹く町
 
イメージ 1
広大なサロベツ原野に突如として浮かぶ巨大な風力発電機群
 
それがオトンルイ風力発電所 
 
オトンルイとはアイヌ語で「浜にある道」を意味する。
 
一万世帯の電力を供給する風力発電所なのだ 
 
 
イメージ 2
平成15年2月から本格稼動を始めています
 
1基あたり750キロワット総出力21,000キロワットを発電
 
北海道電力幌延変電所へ、幌延市街を約17キロメートルの送電線
 
を経由して、年間5,000万キロワット時を送電する計画
 
イメージ 3
幌延風力発電株式会社オトンルイ風力発電所
 
北海道天塩郡幌延町所在。
 
北海道道106号稚内天塩線に沿って高さ99メートルの風車が28基
 
約3.1キロメートルにわたって一直線に立ち並ぶ光景は壮観 
 
イメージ 4
こんなにバイクに乗っていて本当に良かったと
感じる道も少ないであろう 
 
見渡す限りの大平原とが、遥かなる一面に存在する
風車富士も見渡す限りが
その上に見事に位置していてる
風が波が海鳥が、エンジン音と奏でる
これぞ色と光と音のシンフォニー  
 
 
 
昨日の増毛の「黄金の夕日」もそうであったように
夕まず目から心奪われるパレットだ
からオレンジにそしてピンクから薄らと赤く染まってゆく
大空の様は、正に風を追いかけ夕日を追いかけ 
大きな希望を追いかけているような
そんな 錯覚さえ魅せてくれる北の大地
 
 
此れから何度見ることができるのだろうかと・・
 
こんなマッチングは、
なかなか見い出せない光景であろうことは、
此の旅で、思い知らされたことであり
戻ってきたいと願わずにはいられなくなる由縁が、
此れからも沢山待っている旅でもありました。
 
続きます・・