北海道ツー 2日目 留萌ラーメン&みつばち無料宿泊所 ^^! ブログ&動画

前回
 
2015.7.20 
 
増毛駅から落ちる夕日を見ながらウットリのんびりと
海沿いを走ると17Kmほどで、留萌駅
 
19:00
今夜の宿は、1988年に発足以来、再々度、
2015年6月1日より開館したボランティア宿泊施設 
 

みつばちハウス留萌

 

イメージ 1
  
大分・・お疲れのご様子ですが、       ☝☟ 7/21 4:30の写真です
 
イメージ 2
この入口からバイクを屋内に入れて2Fに上がると
まるで小さな体育館ほどの広さのある大部屋 
                                ☟ 7/21 6:15の映像です
かなりの人数が、余裕で宿泊できる
 
敷き布団や掛け毛布・枕などもそろっている・・・が、
同時にやってきた若い二人は、何度か宿泊の経験者
ボランティアの管理人さん共に
いわく・・・
 
ダニが、多いので、シュラフに入って寝た方が、良いと
 
迷わずシュラフとエアー枕を使うことにしましたよ 
 
そうこうしている内に20:00を過ぎてしまった
此処には、内風呂がないので、
大慌てで、風呂に行こうとしたら近くの風呂は、
もうどこもやっていない・・と
仕方がないので、飯でも食いに行こうと聞くと・・
留萌は、美味しい食べ物や店が沢山あるけど
・・お薦めは、此処鮨屋と・
此処の紹介だと半額にしてくれるそうで、
いそいそと出かけました、、
 
ところが、お店は、お客さんが、イッパイで、
さらにラストオーダーも過ぎているということ
諦めざるを得ない状況に・・
ふと周りを見渡せば中心街にいる筈が、、
 
イメージ 5
留萌市北海道留萌管内にある留萌振興局所在地で、
 
留萌管内の中心都市であり 大正期に入り、各地に炭鉱
 
大和田炭鉱、豊平炭鉱、浅野炭鉱、達布炭鉱)が発見され
 
隆盛をきわめたが、、
 
イメージ 16
 
何処を見渡しても 
 
イメージ 3
まぁ・・仕方がない
 東京のように24時間と云う訳にはいかないのは当然だ
 
ぽつぽつと灯りが、付いている店の中から選んだのは、
こちらのお店・
ラーメンハウス天宝
イメージ 4
 
御家族そろってお店のTVを見てたので、一緒に・・
 
イメージ 6
謹厳実直そうな店主お薦め
焼肉シイタケ・ラーメン大&小チャーハン
 
イメージ 7
沢山の焼いたシイタケとチャーシュー&シナチク
 
イメージ 8
麺は、少し粉ぽくてスープも醤油の味が,濃い目のもので、
少し沢山の具材と合っていない感じがしたが、美味しく
焼き飯もシッカリと完食 
・・留萌味なんだと理解した 
 
ハウスに帰って暫し宿泊者や管理人さんと0:00頃まで、談笑
 
イメージ 9
☟ボランティアの管理人さん      宿泊者 ⇕
イメージ 10
4:30
前出の安眠セットシュラフ&枕で、ぐっすりと眠った翌朝 
散策しながら市内をぶらついた 
 
留萌駅には、早朝にもかかわらず欧米の観光客が、
喜んで見学して写真を撮っていた
 
イメージ 11
かつては、留萌炭田の各炭鉱から産出される石炭の積出港として
 
栄えた留萌港に広がる、広大な留置線と多数の貨物側線・転車台
 
を有し、夜間滞泊の基地としても使われていた。2007年度
 
(平成19年度)より、貨物側線跡羽幌線ホーム跡の公園化が
 
進められている。
 
イメージ 12
そろそろ出立の準備をしよう
 
出発前に記念写真
 
イメージ 13
I-Pad  mini を上手に付けている 
 
イメージ 14
多機能でPC/車載・ビデオ様々だが、
雨の日は、少々やっかいだそうだが、、
 
イメージ 15
 
 
此の位に大きいと老眼の小生にも役に立ちそう
なにせ現在は、ブルートゥ-スで音声ナビとして使っていて
地図は、ほとんど最大画面にしているだけなのだ 
 
さぁ
8:00には、出発だ
 
        先ずはおびらしべ湖 
 
続きます・・・