kzのブログ

一生の友となるかもしれませんね! どうぞお付き合いくださいね ^^!

#青森県

恐山(おそれざん、おそれやま)は、下北半島の中央部に位置する活火山 🌋

カルデラ湖である宇曽利山湖の湖畔には、 日本三大霊場の一つである恐山菩提寺が存在する 霊場内に温泉が湧き、共同浴場としても利用されている ♨ ek0901.hatenablog.com 青森県むつ市田名部字宇曽利山3-2 恐山を中心にした地域は下北半島国定公園 ek0901.ha…

心温まる「夫婦カッパの湯」から一転  不気味な白い丘「恐山」に・・

北海道に「また来るからね」と 別れを告げて 「津軽海峡冬景色」なんぞを口ずさんで、 ek0901.hatenablog.com 井上靖や水上勉が、 なるほど執筆するのに最適だっんだと 今更になって若い頃の想いが蘇る ek0901.hatenablog.com ek0901.hatenablog.com ek0901.…

北海道には、お薦めのライダーハウスが多いけど 「雪月花廊」は、小学校の廃校利用で素晴らしい環境と様々な手造り施設 ^^!

北海道ツー 12日目 さよなら北海道 「雪月花廊」蝦夷富士羊蹄山「ふきだし公園」 大沼公園・函館から大間に向かう ek0901.hatenablog.com ek0901.hatenablog.com ek0901.hatenablog.com

『青森』からお届け物です・・"ねぶた"参加と津軽メロン&地カップラーメン食べ比べ 🍜

前回 ek0901.hatenablog.com 「お盆」には、娘夫婦が、旦那さんの実家へ 墓参りのついでに東北三大祭りの"ねぶた"を観ようと・ スマホの動画・・此れは、ただの写真です ☝☟ 衣裳も着て参加・・大いに盛り上がったようです (^^♪ ・・こんな感じ ek0901.hatena…

来年は、バイクで行こうかな パート2・・美しい東北 ^^!

絶景の旅 東北 十三湖>小泊>龍飛岬>義経寺 津軽国定公園 青森県 キャンプBMW630i 12/19 津軽国定公園 青森県 十三湖>小泊>竜飛岬>義経寺 ブログ&動画 http://blogs.yahoo.co.jp/kz10901/32311067.html?type=folderlist

女神の棲む十和田湖  十和田八幡平国立公園

前回 津軽富士(岩木山)の落日 星と森のロマントピア 2013.6.14 東北旅の一節 女神の棲む十和田湖 十和田八幡平国立公園 東北へ来たならやはり外せないのが、十和田湖。 其の美しさは、 何度訪れても新たな一面­を発見する事ができる。 今回は、奥入瀬渓流…

津軽富士(岩木山)の落日 星と森のロマントピア

前回 弘前城 別名:鷹田城・高田城 青森県弘前市 2013.6.12 東北旅の一節青森県弘前市大字水木在家字桜井113-2 星と森のロマントピア 大型リゾート施設 http://pds.exblog.jp/pds/1/201312/10/45/b0003445_21121097.jpg弘前城を見学し終わり此の侭、秋田へ向…

弘前城 別名:鷹田城・高田城 青森県弘前市

前回 八甲田 山系 景観 十和田八幡平国立公園 2013.6.12 東北旅の一節弘前城 別名:鷹田城・高田城 青森県弘前市 http://pds.exblog.jp/pds/1/201312/06/45/b0003445_1647323.jpghttp://pds.exblog.jp/pds/1/201312/06/45/b0003445_16462924.jpg此処は桜の名…

八甲田 山系 景観 十和田八幡平国立公園

前回 津軽国定公園 青森県 十三湖>小泊>竜飛岬>義経寺 2013.6.12 東北旅の一節 八甲田山系 景観 十和田八幡平国立公園 青森県津軽半島、龍飛岬から青森市内を抜け一路、 八甲田へ。 萓野高原を通り山麓駅へ。http://pds.exblog.jp/pds/1/201311/28/45/b00…

津軽国定公園 青森県 十三湖>小泊>竜飛岬>義経寺

前回 津軽の秀峰 岩木山に 憧れて・恋して・・ 2013.6.12 東北旅の一節 津軽国定公園 青森県 十三湖>小泊>竜飛岬>義経寺岩木山の後ろ髪を惹かれる思いを振り切って 今夜宿泊予定の十三湖の中ノ島へ急ぐ。十三湖の中ノ島遊歩道橋を車でわたり管理事務へ、 …

津軽の秀峰 岩木山に 憧れて・恋して・・

前回 白神山地 十二湖 世界自然遺産 津軽国定公園 深浦 2013.6.11 東北旅の一節 青森県弘前市 津軽の秀峰 岩木山 http://pds.exblog.jp/pds/1/201311/13/45/b0003445_1727471.jpg日本海側からも遥かに見えていた岩木山。 近ずくに連れて其の姿は、古代から津…